実話 『アドリフト 41日間の漂流』作品情報

2020年 公開の映画作品

あらすじ

1983年、婚約したばかりのタミーとリチャードは、ヨットに乗り込みタヒチからサンディエゴへと旅に出た。ところが出発から2週間後、記録的なハリケーンに遭遇し巨大津波に飲み込まれてしまう。船室にいたタミーはしばらくして目を覚ますが、ヨットは操縦不能で無線も繋がらない。さらに、大怪我を負い波に漂うリチャードを発見する。極限状態の中、タミーはセーリングの知識を総動員し陸を目指すが…。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『アドリフト 41日間の漂流』予告 『アドリフト 41日間の漂流』予告

スタッフ

監督

バルタザール・コルマウクル

キャスト

  • シャイリーン・ウッドリータミー
  • サム・クラフリンリチャード

作品データ

  • 近日公開
  • 原題Adrift
  • 製作年2018
  • 製作国イギリス、アメリカ
  • 上映時間96分
  • 映倫区分
  • 配給会社キノフィルムズ/木下グループ
  • クレジット©2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 劇場情報
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『アドリフト 41日間の漂流』関連記事

シャイリーン・ウッドリー主演『アドリフト 41日間の漂流』新公開日が6月12日に決定 画像
洋画ニュース

シャイリーン・ウッドリー主演『アドリフト 41日間の漂流』新公開日が6月12日に決定

シャイリーン・ウッドリー主演で実際に起きた海難記を映画化した『アドリフト 41日間の漂流』。新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、公開が延期されていた本作が、この度6月12日(金)に公開されることが決定した。

シャイリーン・ウッドリー「心が震えるような体験」壮絶な“漂流サバイバル”を語る 画像
洋画ニュース

シャイリーン・ウッドリー「心が震えるような体験」壮絶な“漂流サバイバル”を語る

実話の映画化『アドリフト 41日間の漂流』から、壮絶なサバイバルを耐え抜く主人公を演じたシャイリーン・ウッドリーや婚約者リチャードを演じたサム・クラフリンらのインタビューを含む特別映像が到着

シャイリーン・ウッドリー、予期せぬ事態に「生き延びてみせる」『アドリフト』予告 画像
洋画ニュース

シャイリーン・ウッドリー、予期せぬ事態に「生き延びてみせる」『アドリフト』予告

シャイリーン・ウッドリー主演『アドリフト 41日間の漂流』の壮絶なサバイバルに直面する主人公たちをとらえた予告編と日本版ポスタービジュアルが到着した。

シャイリーン・ウッドリー主演、実話海難記を映画化『アドリフト 41日間の漂流』公開 画像
洋画ニュース

シャイリーン・ウッドリー主演、実話海難記を映画化『アドリフト 41日間の漂流』公開

『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウクル監督が、太平洋の実話海難記を映画化した最新作『Adrift』(原題)が、邦題を『アドリフト 41日間の漂流』として公開することが決定。併せて、場面写真が解禁となった。

page top