ヒューマン 『ぶあいそうな手紙』作品情報

2020年7月18日 公開の映画作品

あらすじ

舞台はブラジル南部、ポルトアレグレの街。エルネストは78歳の独居老人。隣国ウルグアイからやって来て46年。頑固で融通がきかず、本が好きでうんちく好き。老境を迎え、 視力をほとんど失ってしまった。もうこのまま人生は終わるだけ。そう思っていたある日、一通の手紙が届く。差出人はウルグアイ時代の友人の妻。よく目が見えず手紙が読めないエルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。手紙の代読と返事の代筆を通して、一人暮らしのエルネストの部屋にビアが出入りするようになるが…。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『ぶあいそうな手紙』予告 『ぶあいそうな手紙』予告

スタッフ

監督

アナ・ルイーザ・アゼヴェード

キャスト

  • ホルヘ・ボラーニエルネスト
  • ガブリエラ・ポエステルビア
  • ホルヘ・デリア
  • ジュリオ・アンドラーヂ

作品データ

  • 2020年7月18日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて公開
  • 原題Aos Olhos de Ernesto
  • 製作年2019
  • 製作国ブラジル
  • 上映時間123分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ムヴィオラ
  • クレジット
ジャンル
感情タグ

『ぶあいそうな手紙』関連記事

『ぶあいそうな手紙』監督、「どう生きたいのか」作品に込めた明かす 画像
洋画ニュース

『ぶあいそうな手紙』監督、「どう生きたいのか」作品に込めた明かす

現在公開中の『ぶあいそうな手紙』監督アナ・ルイーザ・アゼヴェードより、日本の観客に向けてメッセージが到着した。

ポルトガル&欧州の大空&ブラジル…映画で“海外旅行”気分を味わう!夏の注目3選プラスα 画像
洋画ニュース

ポルトガル&欧州の大空&ブラジル…映画で“海外旅行”気分を味わう!夏の注目3選プラスα

海外に出かけられる見通しも立たない現在、せめて海外旅行気分だけでも味わえる…そんなこの夏の注目作をご紹介

役所広司「言葉の力を改めて感じる」手紙の代読と代筆から生まれた絆『ぶあいそうな手紙』 画像
洋画ニュース

役所広司「言葉の力を改めて感じる」手紙の代読と代筆から生まれた絆『ぶあいそうな手紙』

ラテンアメリカから届いた可笑しくて温かい物語『ぶあいそうな手紙』より、78歳のエルネストと23歳のビア、年の差コンビの未公開写真が解禁、各界の著名人からもコメントが到着。

【ご招待】78歳のおじいちゃんと23歳の女の子の出会いから始まる物語『ぶあいそうな手紙』シネマカフェ オンライン試写会75名様 画像
イベント

【ご招待】78歳のおじいちゃんと23歳の女の子の出会いから始まる物語『ぶあいそうな手紙』シネマカフェ オンライン試写会75名様

〆切り:6月23日(火)

手紙の代読からはじまる愛の物語『ぶあいそうな手紙』予告編 画像
洋画ニュース

手紙の代読からはじまる愛の物語『ぶあいそうな手紙』予告編

ブラジル映画『ぶあいそうな手紙』(原題:Aos Olhos de Ernesto)がこの夏、日本でも公開予定。この度、ユーモラスな本作の物語が少し覗ける予告編と場面写真がいち早くシネマカフェに到着した。

page top