ドキュメンタリー/ ノンフィクション 『マリアム エヴィーン刑務所に生まれて』作品情報

2021年5月20日 公開の映画作品

あらすじ

1979年のイラン(イスラム)革命によりイラン皇帝が倒れると、最高指導者ホメイニが権力を握り、政治的に対抗する数万人の人々を逮捕、殺害させた。逮捕された囚人の中には監督の両親も含まれており、二人は何年も収容所に収監された後、命を永らえドイツに逃れた。この迫害と刑務所での体験は、家族の間でも語られることはなかった。現在女優、そして作家としても活躍しているザレーが長年の沈黙の壁を破り、カメラを通じて自身の誕生の場所とその状況に切迫する。高い評価を受けた本作は、2020年のドイツ映画賞ドキュメンタリー部門でノミネートされた。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『マリアム エヴィーン刑務所に生まれて』予告 『マリアム エヴィーン刑務所に生まれて』予告

スタッフ

監督

マリアム・ザレー

キャスト

作品データ

  • 2021年5月20日よりユーロライブ渋谷「ドイツ映画祭 HORIZONTE 2021」にて公開
  • 原題Born in Evin
  • 製作年2019
  • 製作国ドイツ
  • 上映時間95分
  • 映倫区分G
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
page top