ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020

提供:ショートショート実行委員会

ここでしか見られない!
ポン・ジュノ監督作&ジョニデ出演作

『支離滅裂』(Incoherence) 『ブラックガイアンドラ』(The Black Ghiandola)
米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、新たに「(ニュー)ボーダレス」をテーマに9月16日(水)〜27日(日)の期間で開催。世界112の国と地域から集まった作品から厳選された約200作品を上映・配信し、ひと足先にオンライン会場はオープンしている。

注目は特別上映作品となっている、『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー賞4冠に輝いたポン・ジュノ監督のショートフィルム『支離滅裂』('94)や、日本初公開となるジョニー・デップ&デビッド・リンチ出演×サム・ライミ監督のゾンビホラー『ブラックガイアンドラ』(’17)、 『ジョジョ・ラビット』タイカ・ワイティティ監督による初恋物語『夜の車』(’03)。そのほか、ジュリエット・ビノシュ主演のコメディ『違反』などの上映も決定している。



ソニーがサポート!
アカデミー賞へのパスポートとなる
オフィシャルコンペのみどころは?

『向かいの窓』 『 Delivery Health 』(DELIVERY HEALTH (the escort))
オフィシャルコンペティション supported by Sonyとして、 今年から「テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニー」として、クリエイターの夢の実現を支援するソニー株式会社が、翌年のアカデミー賞短編実写部門への推薦につながるオフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)をサポート。3部門の優秀賞受賞からグランプリとなるジョージ・ルーカスアワードが決定する。また、このオフィシャルコンペティション各優秀賞に、「ノンフィクション部門」優秀賞を含めた計4作品が2021年の第93回米国アカデミー賞短編実写部門のノミネート候補となるパスポートを手にする。

今回、「インターナショナル部門」では2019年ベストアクトレスアワードを受賞し、第92回アカデミー賞を見事獲得した『向かいの窓』を凱旋上映&配信。「ジャパン部門」では『淵に立つ』深田晃司監督がスマートフォンで撮影した『鳥(仮)』が特別上映、俳優・森山未来の監督作品『Delivery Health』も登場。「ノンフィクション部門」では元NHKアナウンサー・堀潤が香港民主化運動に追った『STAND WITH HK』などが上映&配信される。

新しい映像文化や潮流を次世代クリエイターと探求
「Creators’ Junction partnered with Xperia™」を開催

今年から「スマートフォン映画作品部門 supported by Sony」としてスマートフォンで撮影した25分以内のショートフィルムの世界公募がスタート。これに合わせ、ソニー株式会社とソニーモバイル株式会社が共同で「Creators’ Junction partnered with Xperia(TM)」のイベントを実施する。

『あん』『朝が来る』の河瀬直美監督ほかスペシャルゲストを迎え、映画祭代表の別所哲也がモデレーターとして、“映画を観るデバイス”から“撮るデバイス”へと進化したスマートフォンでの映画制作の可能性、ニューノーマル時代の映像クリエイティブの在り方など、来年の「SSFF & ASIA 2021」の作品応募に向けたトークセッションを展開。その模様はオンライン配信される。

オンライン会場で全国からいつでも映画祭を体験!

『違反』(INFRACTION) 『レイラ』(Layra) 『置いてはいけない』(Removals)
外出自粛中に世界のクリエイターが手がけたコロナ短編映画祭とのコラボレーションほか、昨年のグランプリ『見下ろすとそこに』やアカデミー賞受賞『合唱』など過去受賞作品を9月15日まで限定公開するなど、多様な作品を順次先行配信しているオンライン会場。

映画祭1週間前となる9月9日からは外出自粛中に世界のクリエイターが手がけた5分以下のショートフィルムを特集するコロナ短編映画祭とのコラボレーションのほか、5分以下の 「Very Short」も配信。注目は、ジュリエット・ビノシュと仏「ISART DIGITAL PARIS」の学生たちが組んだCGを駆使したコメディ『違反』。ビノシュが、あらゆる小さな違反を見つけては罰金を課すことに喜びを感じている堅物の交通監視員を演じる異色作。

また、女性監督たちの力作も続々。【戦争と生きる力プログラムsupported by 赤十字】では、イラン生まれ、デンマークで博士号を取得したFarzaneh Omidvarnia監督のストップモーションアニメ『ウタスズメ』をオンライン限定配信。密かに国境を越える冷凍トラックに乗り込んだ移民集団の人々を描き、各国の映画祭で絶賛を受けている。

人種、宗教、移民、LGBTQなど世界のダイバーシティを考える【Shibuya Diversityプログラム】では、60歳のシリア難民レイラがスケートボードの少年と出会い、人生が一変するCeline Cotran監督『レイラ』を上映。世界の女性フィルムメーカーを応援する【Ladies for CInema Project】では、長編作品を現在開発中というオーストラリアで受賞歴を持つ気鋭Greta Nash監督の『置いてはいけない』にも注目。

25歳以下のキラリと輝く若手クリエイター作品を特集!
U-25プロジェクト

『時を大切に』
2019年にスタートした【U-25プロジェクト】は将来有望な映像作家の活躍を応援すべく、25歳以下の日本在住クリエイターが制作した5分以下のショートフィルムを特集。今回は中学生監督の作品が2作ノミネートされている。
『おかえり太郎』(監督:池田周治)は、ある日、玄関掃除をしていたおばあちゃんの目が通りすがりの青年の姿に釘付けに。彼を本当の息子と勘違いしてしまう…というコメディ。また、『時を大切に』(監督:二村遥大)は、福引の1等ペア宇宙旅行券を目当てに、おじいちゃんと会場で待ち合わせをしていた孫・守が寝坊して遅刻、そんな守におじいちゃんが怒り、体中からガスを吹くと南極の氷河が溶け出し…と、こちらもアイデアが光る1作。

「TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT」で
屋外上映&カフェ上映!

『アン・ガルド!』(En Garde!)
「渋谷ストリーム」4Fにあるサイクルカフェ「TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT」では併設するアクティビティコートを利用し、ショートフィルムの屋外上映会を開催。“スパイス&ハーブ”をテーマとしたメニューを提供するカフェ内のビジョンでも上映を予定している(※荒天時はカフェ内のみの上映)。映画祭限定で「creators cafe」も開催される。

また、映画祭に参加するクリエイターの交流や映画祭の情報発信拠点として、同カフェにインフォメーションブースを設置。映画祭について案内するスタッフが常駐して、観客やクリエイターをサポートする。
日時:
①屋外上映会: 9月18日(金)~20日(日) 、25日(金)~26日(土)
19:30 ~21:40
※荒天時はカフェ内でのみの上映
②インフォメーションブース:9月17日(木)~26日(土)11:00~18:00
会場:「TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT」
(東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム4階/
東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」C2出口直結)
料金:無料 (カフェ利用時は別途費用がかかります。)

SSFF & ASIA 2020

■映画祭代表:別所 哲也
■フェスティバルアンバサダー:LiLiCo(映画コメンテーター)
■開催期間:9月16日(水)~9月27日(日)
※オンライン会場も同上の日程に展開
■上映会場:オンライン会場および表参道ヒルズ スペースオー、
iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ、
TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT
赤坂インターシティコンファレンス(赤坂インターシティAIR)含む
都内複数の会場にて ※開催期間は各会場によって異なります
■料金:無料上映 / 無料配信 ※一部、有料イベントあり(予定)
※8月15日(土)より予約開始
■一般からのお問い合わせ先:03‐5474‐8844
■オフィシャルサイト:https://www.shortshorts.org/2020
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会 ※上記の記載内容は変更になる場合がございます。
紺野まひるがアンバサダー役を回顧、企業内の憩いの場は「とても素敵な空間」 画像

紺野まひるがアンバサダー役を回顧、企業内の憩いの場は「とても素敵な空間」

開催中の「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020(SSFF&ASIA2020)」にて9月23日(水)、企業ブランディングを目的とした作品『この場所の香り』のプレミア発表会が開催。主演の紺野まひる、平田満、奥野瑛太、大関れいからが出席した。

ショートフィルムの祭典が開幕! 剛力彩芽、主演作を引っ提げ和装で登場「新しい挑戦をさせていただきました」 画像

ショートフィルムの祭典が開幕! 剛力彩芽、主演作を引っ提げ和装で登場「新しい挑戦をさせていただきました」

米国アカデミー賞公認の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020」(SSFF&ASIA)が9月16日(水)に開幕。

King Gnu常田大希がSPゲスト、別所哲也&河瀬直美とトーク「SSFF & ASIA」 画像

King Gnu常田大希がSPゲスト、別所哲也&河瀬直美とトーク「SSFF & ASIA」

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2020」(SSFF & ASIA2020)にて、別所哲也、河瀬直美、「King Gnu」常田大希が参加するオンライントークイベントが配信されることが決定した。

剛力彩芽、SSFF & ASIA監督陣とタッグで3作品に主演「全く違った剛力彩芽を」 画像

剛力彩芽、SSFF & ASIA監督陣とタッグで3作品に主演「全く違った剛力彩芽を」

SSFF & ASIA 2020の「クリエイターズ支援プロジェクト」として剛力彩芽主演で3本のショートフィルムを製作する。

「SSFF & ASIA」代表・別所哲也、都知事を表敬訪問 画像

「SSFF & ASIA」代表・別所哲也、都知事を表敬訪問

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)の代表を務める俳優・別所哲也が、8月28日、東京都庁にて小池百合子都知事を表敬訪問した。

秦基博&スキマらの楽曲モチーフショートフィルムが話題賞に「SSFF & ASIA」 画像

秦基博&スキマらの楽曲モチーフショートフィルムが話題賞に「SSFF & ASIA」

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2020」(SSFF & ASIA 2020)にて、4つの楽曲をショートフィルム化した『ボクと君』が話題賞を受賞したことが分かった。

GENERATIONS「SSFF & ASIA2020」ナビゲーターに!「You & I」がテーマソング 画像

GENERATIONS「SSFF & ASIA2020」ナビゲーターに!「You & I」がテーマソング

GENERATIOSが「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020」のフェスティバルナビゲーターに就任

「SSFF & ASIA 2020」オンライン会場拡充で開催、ポン・ジュノ監督作など上映 画像

「SSFF & ASIA 2020」オンライン会場拡充で開催、ポン・ジュノ監督作など上映

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020」(以下、SSFF & ASIA 2020)が、9月16日(水)~27日(日)をメイン日程に、オンライン会場での展開も拡充して開催することが決定した。

「SSFF & ASIA」がオンライントークセッション配信、初回は行定勲監督×別所哲也 画像

「SSFF & ASIA」がオンライントークセッション配信、初回は行定勲監督×別所哲也

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は、Withコロナ&Afterコロナの映画業界を考えるオンライントークセッションをYouTube上で配信することを決定した。

「SSFF & ASIA」延期へ…配信で「日替わりショートフィルム特集」開催 画像

「SSFF & ASIA」延期へ…配信で「日替わりショートフィルム特集」開催

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2020」が、開催を秋以降に延期。オンライン映画館で「おうちで楽しむ日替わりショートフィルム特集」を開催する

ポン・ジュノ監督の短編も「ボーダーレス」をテーマに「SSFF&ASIA2020」6月開催 画像

ポン・ジュノ監督の短編も「ボーダーレス」をテーマに「SSFF&ASIA2020」6月開催

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020」が、6月4日(木)から6月14日(日)まで都内複数会場にて開催が決定。

    Page 1 of 1
    page top