『パラサイト 半地下の家族』WOWOW独占初放送!ポン・ジュノ監督特集

提供:WOWOW

第92回アカデミー賞作品賞受賞。
『パラサイト 半地下の家族』が
WOWOWで独占初放送!

韓国映画初となるカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、非英語作品として史上初めてアカデミー賞作品賞受賞――映画史を変えた一作『パラサイト 半地下の家族』。半地下の住居に住む貧乏な4人家族が、高台の豪邸に暮らす一家に“寄生”していく姿をブラックユーモア満載で描いた“格差社会”エンターテインメントが、早くもWOWOWにやってくる。
監督のこだわりが詰まった『パラサイト 半地下の家族[モノクロ版]』も併せて独占初放送!コントラストやトーンが1シーンずつ細部まで調整され、より俳優の演技が際立つモノクロ版は、既にカラー版を鑑賞済みでも新たな発見があるはず。さらに、ポン・ジュノ監督の過去作計8本(『パラサイト 半地下の家族[モノクロ版]』含む)が特集放送されるだけでなく、#WOWOW同時鑑賞会の開催やポン・ジュノ監督の魅力を解明する関連特番(「パラサイト 半地下の家族」独占初放送!鬼才ポン・ジュノの世界)の放送など、11月は、WOWOWが熱い!

僕は海を渡る――
満島真之介に決意させた、ポン・ジュノ監督、
そして『パラサイト 半地下の家族』の無二の魅力

映画・テレビ・舞台と幅広く活躍し、是枝裕和監督や黒沢清監督、大林宣彦監督たちとのタッグでも知られる演技派俳優・満島真之介さん。彼は、雑誌『POPEYE』でポン・ジュノ監督と対談し、韓国進出に目覚めたといいます。現在はNHKの語学番組『テレビでハングル講座』に出演し、韓国語を猛勉強中。そんな満島さんに、『パラサイト 半地下の家族』を中心としたポン監督の魅力、さらには自身の野望に至るまで、熱く語っていただきました。



『殺人の追憶』(c) 2003 CJ Entertainment Inc&Sidus Corporation
人生の節目に、ポン・ジュノ監督作品があった
沖縄から東京に出てきて、最初に家で観た映画が『殺人の追憶』でした。あまりの衝撃に「あ、勝てないな」と思ったんです。わずかながら持っていた映画に対するイメージが全部崩れ去っていったのを、昨日のことのように覚えています。いま思えばあの時から、自分の人生の物語が始まったような気がしますね。その後も『母なる証明』の上映館であるシネマライズのバイト面接を受けたり、レンタルショップでバイトしながらポン・ジュノ監督の過去作を何度も観たり……。役者になる前から、人生の節目で彼の作品に触れているんですよ。監督にお会いした際にその話をしたら、驚かれていました。
ポン監督の印象は、気さくでエネルギッシュ。コストコに売っているでっかいくまのぬいぐるみのような感じ(笑)。全く威圧感がなくて、髪もふわふわ。優しさ溢れる眼差しと大きな存在感を兼ね備える希有な人でした。若松孝二監督や大林宣彦監督に感じていたような、僕にとって理想の監督の背中。それでいて、ものすごい観察眼を持っていて、「ポンテール(ポン・ジュノ+ディテール)」と呼ばれるほど緻密。そこは、是枝裕和監督とも似ていますね。『パラサイト 半地下の家族』にしても、全てのシーンに意味があって、計算されているんです。役者視点で観ると「よくこの構図を作って、セリフも動きも完璧なタイミングに合わせたな」と衝撃を受けました。
『パラサイト 半地下の家族』(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
本作は、2つの家族の家もセットと聞いて「マジか。やられた……」と思いましたし、ミリ単位での演出だから、役者はある種の「制限」の中で、自由に動いているように見せなければならない。その中でも興味深かったのは、とくに富裕層の家族を演じた俳優陣に、ポン監督の“匂い”がついていない人たちがキャスティングされていることなんです。その俳優たちの性質を理解し、ビジュアル面でもここぞとばかりに生かしている。「『スノーピアサー』や『オクジャ/okja』を経て、故郷ですごい映画を作るぞ!」という気合を感じました。


『パラサイト 半地下の家族[モノクロ版] 』(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
いまの目標は韓国進出。ポン・ジュノ監督との“再会”を目指して
個人的に一番感動したのは、この映画に携わるスタッフ全員の集合写真を見たときです。全員がとても楽しそうに、キラキラしていて「夢が叶った」というような誇らしい表情を見せている。みんなが前のめりで「俺たちがこの映画を作っているんだ!最高だろ」と言わんばかりの笑顔で現場にいるんです。――こんなチーム、見たことありますか? 

これだけすごい映画を作るんですから、現場は想像を絶するほど大変だったと思うんですよ。でも全員が、光輝いている。 やはりそれは、ポン監督への尊敬や映画に対する愛が作り出すんですよね。それを見て、「俺もこの場所に行きたい」と強く思いました。

僕は韓国に行って、ポン・ジュノ監督の作品に出ます。そのために韓国語も必死に勉強していますし、日々の生活を大切に一歩ずつ前進して生きます。 次は、「ポン・ジュノ監督と出演者として再会する」と言霊を飛ばしておきますね(笑)。必ず叶えますから。


『パラサイト』は監督の集大成。家で観ると新たな楽しみも
ポン監督はこれまでも自分の思いを吐露しつつ、疑問を投げかけながらエンターテインメントに落とし込んできた方ですが、本作はその集大成。

過去作を観たうえで『パラサイト 半地下の家族』に臨むと、「これからの時代、大切にするべきことはなんなのか。そばにいる人をどのような距離で、どれくらい愛せるだろう?」というメッセージをより強く感じると思います。今回のWOWOWの特集放送では過去監督作6作品も放送されるということで、ぜひこの感覚を味わっていただきたいです。作品に共通する構図の特徴やテーマ性が、より深く見えてくるはず。

また、今回WOWOWを通して自宅のテレビで観ると、自分の生活空間の中に作品が入ってきますよね。それがすごく面白いんじゃないかな。現実でも十分あり得る世界だからこそ、自分の人生と照らし合わせていくとより楽しめるはずです。


PROFILE
満島真之介
'89年5月30日生まれ。'10年舞台『おそるべき親たち』で俳優デビュー。 近年の出演作は、ドラマ「白い巨塔」(’19/テレビ朝日)、「全裸監督」(’19/Netflix)、 映画『キングダム』(’19)など。来年2021年には、大河ドラマ「青天を衝け」(’21 /NHK)、映画『ゾッキ』、ドラマ「全裸監督 シーズン2」(’21 / Netflix)他、待機作を多数控えている。

------------------
ヘアメイク:齋藤将志
------------------


『パラサイト 半地下の家族』放送日時

【WOWOWシネマ】

『パラサイト 半地下の家族』<字幕版>
11月7日(土)よる9:00
11月15日(日)午前9:10

『パラサイト 半地下の家族[モノクロ版] 』<字幕版>
11月7日(土)深夜1:15
11月21日(土)午後1:15

【WOWOWプライム】

『パラサイト 半地下の家族』<吹替版>
11月8日(日)午前10:10
11月9日(月)深夜0:30
11月26日(木)午後2:45


※全作品、WOWOWメンバーズオンデマンドで同時配信あり

どの作品も外せない!
ポン・ジュノ監督作品をイッキ見。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

監督のみならず脚本も手掛けるポン・ジュノ監督は、「ポンテール(ポン・ジュノ+ディテール)」の異名を持つほど、細部まで計算された世界観で知られる。ストーリー構成はもちろん、絵コンテも自ら手掛け、カメラワークや画面構成、カット割りに至るまで緻密に作り上げているため、どの作品も完成度が抜群に高い。モンスター映画やディストピアもの、重厚なサスペンスなど、作品ごとに全く違ったジャンルに挑戦しており、観る者を毎度驚かせるのもポン・ジュノ流。ここでは、今回放送される過去作6作品を一気にご紹介!

(C) 2013 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
『ほえる犬は噛まない』

ポン・ジュノ監督の記念すべき長編映画デビュー作。とある団地で起こった「イヌの連続失踪事件」を題材に、管理事務所の女性職員や、大学で働く青年の物語が交錯していくトリッキーな群像劇だ。明るいトーンのなかにもシリアスさやある種の不気味さがにじむ風合いは、現在にまで続くポン・ジュノ監督ならではの特徴といえる。本作でポン・ジュノ監督に見いだされたペ・ドゥナは、再タッグ作『グエムル 漢江の怪物』等で大いにブレイクした。

(c) 2003 CJ Entertainment Inc&Sidus Corporation
『殺人の追憶』

ポン・ジュノ監督の名を知らしめた、メモリアルな一作。韓国を震撼させた連続殺人事件(当時は未解決)を題材にした戯曲の映画版で、犯人を追う刑事たちの執念と焦燥をえぐり出す、骨太な仕上がりの意欲作だ。センセーショナルな内容もさることながら、緊迫感と戦慄を観る者に常に感じさせる、ポン・ジュノ監督の手腕が圧倒的。主演を務めたソン・ガンホの存在感も光る。韓国で大ヒットを叩き出したほか、その年の映画賞を総なめにした。

(C) 2006 Chungeorahm Film. All rights reserved.
『グエムル 漢江の怪物』

ポン・ジュノ監督が、モンスターを題材にしたパニック・ホラーに挑戦。謎の巨大生物に末娘をさらわれた家族が、救出しようと奔走する姿を、ダイナミックな展開を織り交ぜて描く。これまでの作風とは一味違った“異質”な作品だが、学生服姿の娘の背後にグロテスクな怪物が迫ってくるシーンなど、ハイセンスかつ強烈な画作りで魅せる。各国で公開されるなどワールドワイドな展開を見せたが、ただのエンタメ大作に終わらず、鋭い社会風刺も内包。

(C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED
『スノーピアサー』

ポン・ジュノ監督キャリア初となる英語作品。クリス・エヴァンスやティルダ・スウィントンらハリウッドスターと共に、終末世界を描いたグラフィックノベルの映画化に挑んだ。雪と氷に覆われた世界で、生き残った人類を乗せて走り続ける列車。しかしそこは、見るも無残な超・階級社会だった……。“格差”というテーマは、『パラサイト 半地下の家族』にも通じる。『オールド・ボーイ』の巨匠パク・チャヌクが製作を務めている点にも、要注目。

(C)2009 CJ ENTERTAINMENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
『母なる証明』

愛する息子が、少女殺害の容疑で逮捕された――。知的障害のある息子の無実を証明しようとする母の孤独な戦いを、圧倒的な熱量と畳みかけるようなスピード感で描き切った濃密なサスペンス。母が草原で踊り狂うという奇抜なオープニングで観客の度肝を抜き、彼女がわずかな手がかりをもとに、真犯人ににじり寄っていくさまを緊迫感たっぷりに見せる。画面構成のうまさは言わずもがな、母親役に扮したキム・ヘジャの熱演が、強く印象に残る。

(C)2008「TOKYO!」
『TOKYO!』

ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノという超一流クリエイターが、「東京」を舞台に中短編を作るという夢の企画。ポン・ジュノ監督はその中の一編『シェイキング東京』の監督・脚本を担当し、香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々、山本浩司、松重豊といった日本の俳優たちとコラボレーション。10年もの間引きこもりを続けてきた男が、ピザ配達人との出会いから外に出ることを決意するが……。衝撃の展開が待ち受ける。

~ポン・ジュノ監督作品放送日時~

『ほえる犬は噛まない』
<字幕版>

11月7日(土)午前9:45
11月15日(日)午前4:45

『母なる証明』
<字幕版>

11月7日(土)午後2:00
11月29日(日)午前9:45

『スノーピアサー』
<字幕版>

11月7日(土)よる6:30
11月21日(土)午後3:30

『殺人の追憶』
<字幕版>

11月7日(土)午前11:45
11月15日(日)午前6:40

『グエムル 漢江の怪物』
<字幕版>

11月3日(火・祝)午後3:20
※WOWOWプライム
11月7日(土)午後4:15

『TOKYO!』
<字幕版>

11月7日(土)よる11:20
11月21日(土)深夜2:30

※全作品、WOWOWメンバーズオンデマンドで同時・見逃し配信あり
※11月3日の『グエムル 漢江の怪物』以外はWOWOWシネマでの放送

『パラサイト 半地下の家族』放送日時

【WOWOWシネマ】

『パラサイト 半地下の家族』<字幕版>
11月7日(土)よる9:00
11月15日(日)午前9:10

『パラサイト 半地下の家族[モノクロ版] 』<字幕版>
11月7日(土)深夜1:15
11月21日(土)午後1:15

【WOWOWプライム】

『パラサイト 半地下の家族』<吹替版>
11月8日(日)午前10:10
11月9日(月)深夜0:30
11月26日(木)午後2:45


※全作品、WOWOWメンバーズオンデマンドで同時配信あり

「パラサイト」キャストのこれまでとこれから

『パラサイト 半地下の家族』で躍動した、演技派俳優たち。貧乏がゆえに卑屈になりがちな家族や裕福がために純粋無垢な家族ら、キーパーソンとなる家政婦など、クセの強いキャラクターを見事に演じ切り、複雑な多層構造になっている本作に“見やすさ”と“共感性”をもたらした。作品を力強くけん引した彼らは、アカデミー賞の授賞式でも堂々たる存在感を発揮。彼らの過去作品を絡めて振り返り、“ポン・ジュノ組”のキャスト陣の活躍ぶりに迫る。

「パラサイト」をきっかけに一躍有名に!
作品を彩るキャストに注目。

ソン・ガンホ
韓国を代表する実力派俳優で、ポン・ジュノ監督とは『殺人の追憶』から計4本でタッグを組んだ“盟友”。『パラサイト 半地下の家族』では、貧乏な家族の大黒柱となる父親をひょうひょうと演じた(次第にトーンが変化していく姿が圧巻!)。日本でも話題を集めた『シュリ』や『渇き』『タクシー運転手 約束は海を越えて』など、傑作が目白押し!
イ・ソンギュン
『パラサイト 半地下の家族』で、裕福な家族の父親に扮した演技派。セレブのオーラを漂わせるIT企業の社長を好演し、金持ちが故の無意識かつ残酷なセリフをリアルに発した。ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』や人気ドラマ『コーヒープリンス1号店』などでブレイクし、『教授とわたし、そして映画』ほかホン・サンス監督の作品に多数出演。
チョ・ヨジョン
R指定の過激な愛憎劇『情愛中毒』での熱演がポン・ジュノ監督の目に留まり、『パラサイト 半地下の家族』に抜擢。本作では、貧乏な一家に簡単に騙されてしまう、コミック・リリーフ的な米国かぶれのセレブ妻を華やかに演じ、人気を博した。ドラマも積極的に出演し、最新主演作『99億の女(原題)』では、大金を手に入れたDV被害者の妻に扮している。
パク・ソダム
悪魔に取りつかれた少女に扮した『プリースト 悪魔を葬る者』等で世に知られた彼女は、『パラサイト 半地下の家族』の貧乏な一家の長女役で世界的にブレイク。米国の人気雑誌「ヴァニティ・フェア」でも取り上げられるなどスターダムを駆け上がった。本作では、人に媚びないサバサバしたキャラクターと、ラップ調の軽快な劇中曲などが話題を集めた。
チェ・ウシク
『新感染 ファイナル・エクスプレス』や『The Witch/魔女』、韓国版『ゴールデンスランバー』など、話題作に次々と出演する若き演技派。Netflix映画『オクジャ/okja』に続くポン・ジュノ監督作『パラサイト 半地下の家族』では、貧乏家族の長男役を任された。物語を推進していく“ダイナモ”として、また実質的な主人公となる“語り部”のポジションも担う。
チャン・ヘジン
韓国の名匠イ・チャンドン監督の作品で知られ、ソン・ガンホと共演した『シークレット・サンシャイン』や『ポエトリー アグネスの詩』で存在感を発揮。近年では、日本でもヒットしたドラマ『愛の不時着』にも出演した。『パラサイト 半地下の家族』では、貧乏一家の母で、元ハンマー投げのメダリストという難役に挑戦。家政婦姿とのギャップで魅せる。
イ・ジョンウン
ポン・ジュノ監督とは『母なる証明』で初タッグ。続く『オクジャ/okja』では、不思議な生物オクジャの鳴き声を演じた彼女は、『哭声/コクソン』『タクシー運転手 約束は海を越えて』、真木よう子・井上真央・大泉洋らと共演した『焼肉ドラゴン』等々、どっしりとした安定感ある演技が持ち味。『パラサイト 半地下の家族』の家政婦役も、板についている。

【「パラサイト 半地下の家族」WOWOW同時鑑賞会】開催決定︕

WOWOWにご加入中の方は放送やWOWOWメンバーズオンデマンドで「パラサイト半地下の家族」同時鑑賞会にご参加ください。以下のハッシュタグを付けてツイートすることでみんなで作品を盛り上げ、 楽しい時間を⼀緒に過ごしましょう︕

ハッシュタグ #WOWOW同時鑑賞会 詳細はこちら⇒https://www.wowow.co.jp/parasite
またはWOWOW映画公式アカウント(@wowow_movie)へ︕

見逃し厳禁!鬼才ポン・ジュノの世界

(C) Getty Images

WOWOWでは『パラサイト 半地下の家族』TV初放送を記念して、歴代のポン・ジュノ監督作品の魅力を深堀りする特別番組、「『パラサイト 半地下の家族』独占初放送!鬼才ポン・ジュノの世界」も放送される。この機会に、ポン・ジュノ監督の世界を余すことなく堪能しよう。

「パラサイト 半地下の家族」独占初放送!
鬼才ポン・ジュノの世界放送日時

映像にリズムを刻む演出術

【WOWOWシネマ】

11月5日(木)深夜2:35
11月6日(金)午後0:40
11月7日(土)よる8:45
11月22日(日)午前4:25



【WOWOWプライム】

11月1日(日)午後5:40
11月13日(金)午後1:45
11月16日(月)午後5:30

ジャンルを超える想像力

【WOWOWシネマ】

11月15日(日)午前8:55
11月17日(火)午前7:00



【WOWOWプライム】

11月3日(火・祝)午後3:00
11月4日(水)午後5:30
11月6日(金)よる11:45
11月10日(火)午後5:15
11月29日(日)深夜1:15

※全作品、WOWOWメンバーズオンデマンドで同時配信あり

合わせて読みたい!



提供:WOWOW


韓国映画初となるカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、非英語作品として史上初めてアカデミー賞作品賞受賞――映画史を変えた一作『パラサイト 半地下の家族』。半地下の住居に住む貧乏な4人家族が、高台の豪邸に暮らす一家に“寄生”していく姿をブラックユーモア満載で描いた“格差社会”エンターテインメントが、早くもWOWOWにやってくる。

関連特集
パラサイト 半地下の家族 WOWOW『ジョーカー』放送記念大特集 ポン・ジュノ <韓流・華流>最新ニュース 満島真之介
バカリズム&井浦新W主演「殺意の道程」第1話先行無料配信&コメンタリー企画も 画像

バカリズム&井浦新W主演「殺意の道程」第1話先行無料配信&コメンタリー企画も

バカリズムと井浦新がW主演するWOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程」が、初回放送に先駆けて第1話本編を先行無料配信、コメンタリー企画も実施されることが分かった。

『パラサイト』WOWOWで放送! ポン・ジュノ監督作品を特集 画像

『パラサイト』WOWOWで放送! ポン・ジュノ監督作品を特集

WOWOWでは、話題の『パラサイト 半地下の家族』をはじめ計8本のポン・ジュノ監督作品を放送することが決定した。

休日どう過ごす?「竹内涼真の撮休」ポスター&場面写真公開 画像

休日どう過ごす?「竹内涼真の撮休」ポスター&場面写真公開

WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」より、ポスタービジュアルと各話の場面写真が到着した。

「欲望に、限りはない。」中井貴一扮する“万俵”がお披露目「華麗なる一族」ビジュアル 画像

「欲望に、限りはない。」中井貴一扮する“万俵”がお披露目「華麗なる一族」ビジュアル

中井貴一主演で贈るWOWOW開局30周年記念「連続ドラマW 華麗なる一族」より、中井さん扮する主人公・万俵大介を大きく切り取ったティザービジュアルが公開された。

『天気の子』WOWOW初放送に合わせ同時鑑賞会&新海誠監督特集も 画像

『天気の子』WOWOW初放送に合わせ同時鑑賞会&新海誠監督特集も

新海誠監督の最新作『天気の子』がWOWOWにて独占初放送決定、同時鑑賞会&新海誠監督作品特集も開催。

    Page 1 of 1
    page top