カムイ外伝

松山ケンイチ、自信の踊りをアドリブ披露! 『カムイ外伝』“男祭り”舞台挨拶 画像

松山ケンイチ、自信の踊りをアドリブ披露! 『カムイ外伝』“男祭り”舞台挨拶

白土三平の伝説的漫画を実写映画化したアクション大作『カムイ外伝』。10月15日(木)、本作の大ヒットを記念して、崔洋一監督と主演の松山ケンイチ、共演の森山開次、坂口征夫による舞台挨拶が行われた。

松ケン、意味深コメントと公私充実の笑顔 『カムイ外伝』初日 画像

松ケン、意味深コメントと公私充実の笑顔 『カムイ外伝』初日

俳優の松山ケンイチが19日、東京・丸の内ピカデリー1で主演映画『カムイ外伝』の初日舞台挨拶を行い、「僕にとって重要な、必要な作品になりました」と充実の笑顔を見せた。

松ケン&小雪、熱愛コメントはなくも類似メッセージを呼びかけ 画像

松ケン&小雪、熱愛コメントはなくも類似メッセージを呼びかけ

映画『カムイ外伝』のプレミアイベントが13日(日)、東京・新宿区内で行われ、熱愛が報じられている主演の松山ケンイチとヒロインの小雪が揃って姿を見せ、ファン約5,000人の熱視線を浴びた。今年4月に週刊誌でデートをキャッチされて以降、何度か熱愛を報じられ、5月に行われた同作の製作報告会見に続いて公の場に揃って出席するのは2度目。だが、ツーショットや熱愛に関するコメントはなかった。

【どちらを観る?】愛か自由か? 松ケン『カムイ外伝』VS小栗旬『TAJOMARU』 画像

【どちらを観る?】愛か自由か? 松ケン『カムイ外伝』VS小栗旬『TAJOMARU』

いま、時代劇映画のヒーローに熱い視線が注がれている。日本映画界を牽引する若手実力派、松山ケンイチと小栗旬がそれぞれ主演を張る『カムイ外伝』と『TAJOMARU』だ。

松山ケンイチ『カムイ外伝』インタビュー 孤高のヒーロー誕生の陰にあった挫折、恐怖 画像

松山ケンイチ『カムイ外伝』インタビュー 孤高のヒーロー誕生の陰にあった挫折、恐怖

しばしの沈黙。言葉を探しながらゆっくり、ゆっくりと答えが返ってくる。インタビューの最中に何度となく見せたそんな様子からも、彼がいかに強い思いで『カムイ外伝』に臨んだかが伝わってくる。そして決して簡単な役ではなかったことも——。ひとたび見たら忘れられない個性的な役柄を演じ続ける松山ケンイチ。特筆すべきは漫画、小説などを原作とする作品への出演の多さ。原作を持つ作品の宿命として、常に映画化そのものや、配役を疑問視する声にさらされながら、彼は己の演技でそうした声に対して答えを出し続け、映画の公開後には批判を称賛へと変えてきた。本作で演じたのは、白土三平が生んだ漫画史に残るヒーロー。いかにして彼はカムイへと“変身”を遂げたのか?

ファッション小噺vol.112 日本女優の美肌のヒミツはこれだった! 画像

ファッション小噺vol.112 日本女優の美肌のヒミツはこれだった!

映画を大スクリーンで観ていて、また、お家のテレビで観ていて、「この女優さんは肌がきれいだな」とうっとりとしたことありませんか? 反対に、雑誌などでは気づかなかったけれど、「この人、かなり肌が荒れているな…」とちょっとがっかりすることもしばしば。映画やテレビでのどアップに耐えられないなんて女優としてはけっこう深刻。最近では、エンタメ業界に進化したデジタル技術が導入されているので、特に大問題となっているのです。

松山ケンイチ、忍術で壁渡りも何のその? 崔洋一「カムイは彼しかいない!」 画像

松山ケンイチ、忍術で壁渡りも何のその? 崔洋一「カムイは彼しかいない!」

忍者の掟を破り、抜忍という過酷な運命を自ら選んだ男、カムイ。白土三平による傑作漫画「カムイ外伝」で描かれたこの伝説のヒーローが、名匠・崔洋一といまをときめくヒットメイカー・宮藤官九郎のタッグにより、遂に実写映画化された。9月の公開に先駆けて、7月22日(水)、本作の完成披露試写会が開催され、上映前に主演の松山ケンイチ、宮藤さん、そして崔監督の3人が登壇、トークを繰り広げた。

倖田來未「新しい自分に挑戦したい」 『カムイ外伝』で日本語オペラを歌う! 画像

倖田來未「新しい自分に挑戦したい」 『カムイ外伝』で日本語オペラを歌う!

白土三平の伝説的漫画を原作に、人気沸騰中の松山ケンイチほか豪華キャストで贈る、アクション・エンターテイメント大作『カムイ外伝』が9月19日(土)より公開となる。鬼才・崔洋一(監督)と宮藤官九郎(脚本)のタッグによる待望の実写化ということで、早くから話題を集めている本作だが、このたび、その主題歌に倖田來未の「Alive」が決定した。

松ケン、小雪の支えも得て過酷な忍者アクションを克服「自身で最高の演技が出来た」 画像

松ケン、小雪の支えも得て過酷な忍者アクションを克服「自身で最高の演技が出来た」

1965年より「週刊サンデー」で連載され、その後、アニメ化もされ一世を風靡した白土三平による傑作忍者コミック「カムイ外伝」。その中の一編「スガルの島」を題材に、監督・崔洋一、脚本・宮藤官九郎がタッグを組んで実写映画化が実現した。一昨年の11月から約1年にわたる撮影を経て、5月7日(木)、完成を前に行われた本作の制作報告会見に崔監督はじめ、主演の松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、小林薫らキャスト陣が出席した。

    Page 1 of 1
    page top