鳳凰 わが愛

【東京国際映画祭レポートvol.39】クロージングセレモニーでついに閉幕! 画像

【東京国際映画祭レポートvol.39】クロージングセレモニーでついに閉幕!

10月20日(土)より9日間に渡って開催された第20回東京国際映画祭。28日(日)に最終日を迎え、クロージングセレモニーが開催された。

【東京国際映画祭レポートvol.04】中井貴一、プロデュース業にはもう懲りた? 画像

【東京国際映画祭レポートvol.04】中井貴一、プロデュース業にはもう懲りた?

1920年代の中国を舞台に、刑務所で出会った男女の30年に渡る愛を描いた『鳳凰 わが愛』。『ヘブン・アンド・アース』に続いて中国合作作品への出演となる中井貴一主演の本作が今年の東京国際映画祭のオープニング・ナイトの上映作品として選ばれ、中井さんを始め、共演のミャオ・プゥ、グォ・タォ、ジヌ・チェヌ監督に加え、音楽を担当したS.E.N.S.の勝木ゆかりが舞台挨拶を行い、満席の場内から拍手で迎えられた。

“東京 サクラ グランプリ”はこの人の手にかかってる? 黒澤明賞はあの人に決定! 画像

“東京 サクラ グランプリ”はこの人の手にかかってる? 黒澤明賞はあの人に決定!

今年で記念すべき第20回目を迎える東京国際映画祭。10月20日(土)より幕を開ける本映画祭で、気になるのはやはり世界各国から厳選された15作品が上映されるコンペティション部門。その中に設けられた数々の賞の行方を握る審査委員長が、このたび映画プロデューサーのアラン・ラッド・Jr氏に決定した。また第17回から始まった、世界の映画界に貢献した者に与えられる<黒澤明賞>が、『ミッドナイト・エクスプレス』などの名作を手がけてきたデヴィッド・パットナム氏に贈与された。

零下30度に地獄の三千段往復…中井貴一過酷なる初プロデューサー『鳳凰 わが愛』 画像

零下30度に地獄の三千段往復…中井貴一過酷なる初プロデューサー『鳳凰 わが愛』

実話に基づき、運命に翻弄されながらも、永遠の愛を信じて激動の時代を生き抜いた男と女——。日中友好35周年記念作品として製作され、中井貴一が主演とともに初のプロデュースも務めた『鳳凰 わが愛』が11月3日(土・祝)より公開される。9月25日(火)に開催された完成披露試写会の前に行われた記者会見に、中井さんとともに主演女優のミャオ・プゥ、監督のジヌ・チェヌが出席した。

    Page 1 of 1
    page top