ブーリン家の姉妹

【アカデミー賞】レッドカーペットファッションチェック! 〜レッド&パープル編〜 画像

【アカデミー賞】レッドカーペットファッションチェック! 〜レッド&パープル編〜

今年は『英国王のスピーチ』が主要部門で圧勝となったアカデミー賞。授賞結果は前評判通り、番狂わせのない順当な結果に落ち着いたが、毎年、賞のゆくえと併せて楽しみなのが、思い思いの装いに身を包んだスターたちが授賞式会場のコダック・シアターへと練り歩くレッドカーペットだ。

監督が明かす『ブーリン家の姉妹』 「スカーレットはナタリーと共に泣いていたよ」 画像

監督が明かす『ブーリン家の姉妹』 「スカーレットはナタリーと共に泣いていたよ」

16世紀のテューダー朝、ヘンリー8世の離婚とそれに続くイギリス国教会の設立。今日に至るイギリスの歴史に大きく影響を及ぼすことになったこの事件の裏には、ある姉妹の愛憎と悲劇があった——。イギリスの王室を舞台に、国王の寵愛を巡って繰り広げられる熾烈な女たちの戦いを描いた『ブーリン家の姉妹』。本作で長編映画デビューを飾ったジャスティン・チャドウィック監督に話を聞いた。

【TIFFレポート04】女たちが賢く、強く、美しく生きる『ブーリン家の姉妹』 画像

【TIFFレポート04】女たちが賢く、強く、美しく生きる『ブーリン家の姉妹』

ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンという、ハリウッドを代表する2人の女優が姉妹役を演じ、16世紀のイギリス王室を舞台に愛憎劇を繰り広げる『ブーリン家の姉妹』。開催中の第21回東京国際映画祭にて10月19日(日)、本作が特別招待作品として上映され、来日中のジャスティン・チャドウィック監督が舞台挨拶に登壇した。

ケミストリーも登場! 『ブーリン家の姉妹』英国大使館でジャパン・プレミア 画像

ケミストリーも登場! 『ブーリン家の姉妹』英国大使館でジャパン・プレミア

舞台は16世紀のイングランド。国王・ヘンリー8世の寵愛を巡り、やがて国の歴史をも変える事態にまで至る、姉妹の愛憎劇を描いた『ブーリン家の姉妹』が10月25日(土)より公開される。これに先駆け10月16日(木)に本作のジャパン・プレミアが開催され、監督を務めたジャスティン・チャドウィックが上映前の舞台挨拶に来場した。

スカーレット・ヨハンソン、カナダで電撃結婚! 画像

スカーレット・ヨハンソン、カナダで電撃結婚!

スカーレット・ヨハンソンがライアン・レイノルズと27日の土曜日に結婚したことが明らかになった。

秋、しっとり香る女の色気vol.2 スカーレットに何が起こったか 画像

秋、しっとり香る女の色気vol.2 スカーレットに何が起こったか

若手ハリウッドスターの中でも、一、二を争うほどに色っぽい女優と言えば、スカーレット・ヨハンソンでしょう。8歳でショービジネス界にデビュー。10代の頃から、妖艶な眼差しと気だるさで群を抜き、注目されてきました。当然ながら、これまで演じてきた役は、ファムファタール的なものばかり。そうなると、実際の彼女も「小悪魔なのかな…」と考えてしまうのが人の常。20代になったばかりのときに流れた、親子ほど離れた年齢の男性たちとの恋のうわさや、妙に大人びていて生意気な発言も、そんなイメージに信憑性を与えていました。

【ヴェネチアレポート07】ナタリー・ポートマンがヴェネチアで念願の監督デビュー! 画像

【ヴェネチアレポート07】ナタリー・ポートマンがヴェネチアで念願の監督デビュー!

9月1日、短編映画部門が始まり、オープニング作品として、ナタリー・ポートマンの初監督作品『EVE』(原題)が上映された。ナタリーはTシャツにジーンズというカジュアルないでたちで、ほかの短編映画作家たちと共に上映に参加。新人監督ではあるものの、その注目度は当然ながら抜群で、会場に集まった観客、プレスからフラッシュの嵐を浴びていた。

ファッション小噺vol.90 映画とファッションの幸せなコラボ 画像

ファッション小噺vol.90 映画とファッションの幸せなコラボ

昔から、映画とファッションは切っても切れない間柄。一流デザイナーが衣裳を提供することは、もはや当たり前となっています。でも、日本ではそのさらに先を行く“コラボレーション”が花盛り。映画に登場したアイテムを売り出したり、映画そのものや、登場人物のイメージに合った商品をオリジナルで作ったり。以前は、それもタオルやキーホルダー、筆記用具などのノベルティグッズ系だったのですが、最近は本格的な商品として期間限定で売り出すことも珍しくなくなりました。

「将来、何が起きるか楽しみにしていきたい」MITの天才を演じたジム・スタージェス 画像

「将来、何が起きるか楽しみにしていきたい」MITの天才を演じたジム・スタージェス

米・ボストンのマサチューセッツ工科大学(MIT)の学生数名が、カード・カウンティングという技を使ってラスベガスで大金を稼ぎ出したという実話を基にした小説「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!」(アスペクト刊)。この小説に惚れ込んだケヴィン・スペイシーが映画化権を取得し、プロデュースも兼ねたのが『ラスベガスをぶっつぶせ』だ。本作で、主人公のベン・キャンベルを演じたジム・スタージェスに話を聞いた。

    Page 1 of 1
    page top