泣きたいときのクスリ

舞台挨拶開催も決定! 『泣きたいときのクスリ』が55歳は550円で鑑賞可能に! 画像

舞台挨拶開催も決定! 『泣きたいときのクスリ』が55歳は550円で鑑賞可能に!

「泣きたいときにはクスリと笑お!」をキーコンセプトに、2007年の秋にFMラジオにてオンエアされ、大きな反響を呼んだドラマ「オロナイン 泣きたいときのクスリ2007」が実写映画化。期待の若手俳優・大東俊介を主演に迎えて製作された『泣きたいときのクスリ』が1月10日(土)より公開される。本作は、オロナイン軟膏Hの発売55周年記念作品として製作され、同商品が特別協賛しているが、このたび、公開劇場のシネマート新宿にて、55歳の方は本作を550円で鑑賞できるという特別サービスが実施されることが決定した。

大東俊介、ラジオ発の映画で涙の演技 「涙の理由を大切に演じきった」 画像

大東俊介、ラジオ発の映画で涙の演技 「涙の理由を大切に演じきった」

昨年の秋、2か月間にわたりFMラジオドラマとして放送され、その完成度の高さから映画化が実現した感動作『泣きたいときのクスリ』。オロナインH軟膏発売55周年記念作品として、同商品の特別協賛にて来年1月に公開される。これに先駆けて11月5日(水)、本作の製作発表記者会見が開かれ、福島三郎監督はじめ、主演の大東俊介、戸田菜穂、袴田吉彦、佐津川愛美、北浦愛と高草木恵プロデューサーが出席した。

    Page 1 of 1
    page top