『泣きたいときのクスリ』作品情報

2009年1月10日 公開の映画作品

あらすじ

ある日の夕方、電車で号泣しているおじさん(中村まこと)がいた。それを見つめる5人の乗客。ある理由を抱えて「泣き薬師駅」に来た龍一(大東俊介)、仕事中の桜木エリカ(戸田菜穂)、駅員の竹野(袴田吉彦)、学校帰りの綾(佐津川愛美)、仕事帰りの洋介(遠藤憲一)。この出来事をきっかけに、5人は自分たちにとって「泣く」ということについて考え、現在の自分、そして人生を見つめ直していく――。

スタッフ

監督

福島三郎

キャスト

作品データ

  • 2009年1月10日よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008映画「泣きたいときのクスリ」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『泣きたいときのクスリ』関連記事

舞台挨拶開催も決定! 『泣きたいときのクスリ』が55歳は550円で鑑賞可能に! 画像
スクープ

舞台挨拶開催も決定! 『泣きたいときのクスリ』が55歳は550円で鑑賞可能に!

「泣きたいときにはクスリと笑お!」をキーコンセプトに、2007年の秋にFMラジオにてオンエアされ、大きな反響を呼んだドラマ「オロナイン 泣きたいときのクスリ2007」が実写映画化。期待の若手俳優・大東俊介を主演に迎えて製作された『泣きたいときのクスリ』が1月10日(土)より公開される。本作は、オロナイン軟膏Hの発売55周年記念作品として製作され、同商品が特別協賛しているが、このたび、公開劇場のシネマート新宿にて、55歳の方は本作を550円で鑑賞できるという特別サービスが実施されることが決定した。

大東俊介、ラジオ発の映画で涙の演技 「涙の理由を大切に演じきった」 画像
レポート

大東俊介、ラジオ発の映画で涙の演技 「涙の理由を大切に演じきった」

昨年の秋、2か月間にわたりFMラジオドラマとして放送され、その完成度の高さから映画化が実現した感動作『泣きたいときのクスリ』。オロナインH軟膏発売55周年記念作品として、同商品の特別協賛にて来年1月に公開される。これに先駆けて11月5日(水)、本作の製作発表記者会見が開かれ、福島三郎監督はじめ、主演の大東俊介、戸田菜穂、袴田吉彦、佐津川愛美、北浦愛と高草木恵プロデューサーが出席した。

page top