龍が如く 劇場版

何じゃこりゃ!?『龍が如く 劇場版』北村一輝、岸谷五朗、三池崇史監督初日舞台挨拶 画像

何じゃこりゃ!?『龍が如く 劇場版』北村一輝、岸谷五朗、三池崇史監督初日舞台挨拶

シリーズ累計170万本を超える売り上げを記録した人気ゲームソフトを三池崇史監督が映画化。『龍が如く 劇場版』が3月3日(土)公開初日を迎え、新宿トーアにて行われた舞台挨拶に三池監督をはじめ、主演の北村一輝、岸谷五朗に夏緒、そして名越稔洋プロデューサーが登壇。会場には原作のゲームファンも多く訪れ、立ち見が出るほどの大きな盛り上がりを見せた。

大ヒットゲーム映画版、遂に完成『龍が如く 劇場版』北村一輝、岸谷五朗、サエコ、三池崇史監督舞台挨拶 画像

大ヒットゲーム映画版、遂に完成『龍が如く 劇場版』北村一輝、岸谷五朗、サエコ、三池崇史監督舞台挨拶

遊びに飽きた大人へ、そしてゲームを愛する大人に贈る“最高のエンターテインメント”として誕生したプレイステーション2専用ゲームソフト「龍が如く」。そのリアル感を持ってこの大ヒットゲームの映画化が実現。『龍が如く 劇場版』が完成し、1月29日に完成披露試写会が行われた。舞台挨拶には主演の北村一輝、岸谷五朗、サエコ、塩谷瞬、コン・ユ、三池崇史監督、そして名越稔洋プロデューサーが登壇。多くの女性客がつめかけた会場には映画タイトルにちなんで“龍舞”も登場し、熱気に包まれた。

大ヒット“任侠”ゲームが映画化!「龍が如くプロジェクト」レセプションパーティー 画像

大ヒット“任侠”ゲームが映画化!「龍が如くプロジェクト」レセプションパーティー

遊びに飽きた大人へ、そしてゲームを愛する大人に贈る“最高のエンターテインメント”として誕生したプレイステーション2専用ゲームソフト「龍が如く」。“堂島の龍”と呼ばれた伝説の男“桐生一馬”と、消えた100億円の鍵を握る少女“遥”が欲望と暴力の渦巻く巨大な歓楽街“神室町”を舞台に、愛・人情・裏切り、そして謎解きなど、様々な人間ドラマをバックに「人として生きることの意味」に気づいていく2人の物語であり、“任侠”という、ゲームとしては類を見ないテーマを扱ったアクションゲームである。

    Page 1 of 1
    page top