※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

小栗旬(23 ページ目)

「芝居だったら何でもやります」役者・小栗旬『サーフズ・アップ』でペンギン役に挑戦 画像
photo:Hirarock
photo:Hirarock

「芝居だったら何でもやります」役者・小栗旬『サーフズ・アップ』でペンギン役に挑戦

アメリカで大ヒットしたペンギン・サーファーのアニメ『サーフズ・アップ』。ビッグZという伝説的なサーファーに憧れるペンギンのコディが故郷を出て大きなサーフィン大会で優勝を目指すまでをドキュメンタリー風に描いた本作。主人公・コディの吹き替えを担当したのが、いまや舞台やドラマ、映画などで引っ張りだこの小栗旬だ。

小栗旬がカラスからペンギンに変身? 『サーフズ・アップ』ジャパンプレミア 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

小栗旬がカラスからペンギンに変身? 『サーフズ・アップ』ジャパンプレミア

夢を追う新人サーファー、イワトビペンギンのコディが、ライバルとの戦いや仲間との出会いを経て成長していく姿を、リアルなCG映像で描き出したアニメーション『サーフズ・アップ』。12月15日(土)の公開に先駆けて本作のジャパンプレミアが開催され、小栗旬に山田優、清水ミチコ、マイク真木という本作の日本語吹き替え版キャストが集結した。南国の海をイメージしたような青いカーペットが敷かれた会場で行われた“ブルーカーペット・イベント”には本物のペンギンも一緒に登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

【東京国際映画祭レポートvol.27】小栗旬と山田孝之の殴り合いに女性ファン熱狂 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

【東京国際映画祭レポートvol.27】小栗旬と山田孝之の殴り合いに女性ファン熱狂

いまだかつて誰ひとり成し遂げたことのない鈴蘭男子高校完全制覇を懸け、“カラス”の異名をとる筋金入りの不良たちが熱き戦いに身を投じる! 累計発行部数3,200万部を誇る伝説のコミックをオリジナルストーリーで映画化した『クローズ ZERO』。10月25日(木)、本作が特別招待作品として上映され、主演の小栗旬、山田孝之にやべきょうすけ、そして三池崇史監督とプロデューサーの山本又一朗が上映前の舞台挨拶に登壇した。

【東京国際映画祭レポートvol.14】小栗旬、山田優が揃って「このボード欲しい」 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

【東京国際映画祭レポートvol.14】小栗旬、山田優が揃って「このボード欲しい」

イワトビペンギンのコディが、伝説のサーファー“ビッグZ”に憧れて、彼のような栄光を掴むため、サーフィン・ワールドカップのチャンピオンを目指す『サーフズ・アップ』。アニメーション作品でありながら、ドキュメンタリータッチで描かれる本作の日本語吹き替え版が特別招待作品として10月22日(月)に上映され、ボイスキャストの小栗旬、山田優、マイク真木が舞台挨拶に登壇した。

「痛いのもジェットコースターも苦手」な小栗旬がバリバリの不良に変身! 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

「痛いのもジェットコースターも苦手」な小栗旬がバリバリの不良に変身!

筋金入りの不良どもが集い、覇を競い合う鈴蘭男子高校。いまだかつて誰も成し遂げたことのない鈴蘭制覇を巡る、男たちの戦いの行方は——? 累計発行部数3,200万部を誇る伝説的不良漫画「クローズ」の映画化作品『クローズ ZERO』。9月26日(水)、本作の完成記者会見が行われ、三池崇史監督、原作者の高橋ヒロシ、山本又一朗プロデューサーに、主演の小栗旬をはじめ山田孝之、黒木メイサ、やべきょうすけ、高岡蒼甫らキャスト陣が出席した。

「男性に観ていただきたい」小栗旬が語る『キサラギ』サプライズ舞台挨拶 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

「男性に観ていただきたい」小栗旬が語る『キサラギ』サプライズ舞台挨拶

1年前に焼身自殺を遂げたアイドル“如月ミキ”。その自殺の真相をめぐって、一つの部屋に集まった5人の熱烈ファンたちがぶつかり合うコメディ・サスペンス『キサラギ』。今週末の公開を目前に控えた6月11日(月)、本作のプレミア試写会が行われ、主演の小栗旬、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅(ドランクドラゴン)、佐藤祐市監督が舞台挨拶をするというサプライズ登場! 当日舞台挨拶があることを知らされていなかった会場はこの予想外のイベントに大いに盛りあがった。

『隣人13号』中村獅童、小栗旬、吉村由美、井上三太、井上靖雄監督特別試写会 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

『隣人13号』中村獅童、小栗旬、吉村由美、井上三太、井上靖雄監督特別試写会

ストリートセンスに貫かれたエッジな作風とジャンルレスな活動で、数多くのファンを惹きつけるカリスマ漫画家・井上三太。過去、何度も映画化の噂があっては消えていた、彼の伝説的な過激コミック「隣人13号」が、数々のPV・CMを手掛ける井上靖雄の手によってついに実写映画化。公開を目前に控えた3月22日(火)、スペースFS汐留にて特別試写会が開催され、上映前の舞台挨拶に出演者、監督が登壇した。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 13
  4. 14
  5. 15
  6. 16
  7. 17
  8. 18
  9. 19
  10. 20
  11. 21
  12. 22
  13. 23
Page 23 of 23
page top