榮倉奈々(7 ページ目)

榮倉奈々×劇団ひとりインタビュー 子供の頃に見た、“扉の向こう”の世界——。 画像

榮倉奈々×劇団ひとりインタビュー 子供の頃に見た、“扉の向こう”の世界——。

もしも、今よりもっと素敵なおうちで、欲しいものが何でも手に入ったら…。そんな、誰しもが子供の頃に思い描いた“もう1つの世界”をビタースウィートな世界観でダイナミックに描いたファンタジーアニメ『コララインとボタンの魔女 3D』がまもなく公開を迎える。本作の日本語吹き替え版を務めるのは、これが声優初挑戦となる女優・榮倉奈々と、マルチな才能を発揮し続ける劇団ひとり。公開を前に、ふたりに話を聞いた。

劇団ひとり、初対面の榮倉奈々に「こんなにカッパが似合う人いない」 画像

劇団ひとり、初対面の榮倉奈々に「こんなにカッパが似合う人いない」

アニメーション界のアカデミー賞と称されるアニー賞で最多8部門10ノミネート、1月17日に迫るゴールデン・グローブ賞にもノミネートを果たした注目作『コララインとボタンの魔女3D』。2月19日(金)の公開を控え、1月11日(月・祝)に本作の日本語吹き替え版の声優を務める榮倉奈々と劇団ひとりによる公開アフレコ収録が行われた。

榮倉奈々、声優初挑戦! 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の監督最新作で 画像

榮倉奈々、声優初挑戦! 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の監督最新作で

あの『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(ティム・バートン原作)の監督、ヘンリー・セリックの最新作で、先ごろ発表された第82回アカデミー賞長編アニメーション部門賞の候補作20本の一つにも選ばれた『コララインとボタンの魔女 3D』。来年2月に日本でも公開される本作の日本語吹き替え版の声優陣が発表され、主人公のコララインの声を榮倉奈々が、また、ココラインを見守るネコとコララインの母親を劇団ひとり、戸田恵子がそれぞれ演じることが決まった。

榮倉奈々、瑛太からのプレゼント&感動の手紙に涙「観てもらいたい、その気持ちだけ」 画像

榮倉奈々、瑛太からのプレゼント&感動の手紙に涙「観てもらいたい、その気持ちだけ」

若年性乳がんと闘いながら、自らの姿と言葉を遺して、命の大切さと乳がん検診の大切さを伝えた長島千恵さんと、彼女を支えた人々の実話を映画化した『余命1ヶ月の花嫁』。早くから大きな反響を呼んでいた本作が、5月9日(土)に公開初日を迎え、廣木隆一監督はじめ、主演の恋人を演じた榮倉奈々と瑛太、柄本明、安田美沙子、そして主題歌を手がけたJUJUが上映終了後の舞台挨拶に登壇した。

榮倉奈々、ウェディングドレスを披露 女優人生を賭けた“花嫁”役に思い募らせる 画像

榮倉奈々、ウェディングドレスを披露 女優人生を賭けた“花嫁”役に思い募らせる

わずか24歳で末期の乳がんに冒され、余命1か月と宣告されながらも、愛に生き、最後まで若年性乳がん検診の大切さと命の素晴らしさを伝え続けた長島千恵さん。病との闘い、そして彼女を支える恋人や家族とのやりとりに密着し大反響を呼んだドキュメンタリーを映画化した『余命1ヶ月の花嫁』が遂に完成した。5月9日(土)に公開を控え、4月8日(水)、本作の完成会見が行われ、主演の榮倉奈々、瑛太、安田美沙子、柄本明、廣木隆一監督、平野隆プロデューサーが出席した。

榮倉奈々「千恵さんの思い届けたい」 『余命1ヶ月の花嫁』乳がん検診スタート! 画像

榮倉奈々「千恵さんの思い届けたい」 『余命1ヶ月の花嫁』乳がん検診スタート!

2007年に放送されて大きな反響を呼んだTBSのドキュメンタリー番組を基に、末期がんに冒された一人の女性と彼女を支える周囲の人々の感動の実話を映画化した『余命1ヶ月の花嫁』が5月に公開を迎える。主人公のモデルとなった長島千恵さんは、生前「若い人も乳がんになることを知ってほしい。若い人こそ早期発見を心がけてほしい」と語っていた。その遺志を継ぐべく、千恵さんの恋人の太郎さんやご遺族、友人の協力を得て、「余命1ヶ月の花嫁・乳がん検診キャラバン」“さくらパンダ前線キャンペーン”がこのほどスタート! キャンペーンスタートの地である沖縄に主演の榮倉奈々が駆けつけ、3月30日(月)に出発式が行われた。

あの人の踊りはニセモノ? 榮倉奈々が“踊るあほう”になる『阿波DANCE』公開 画像

あの人の踊りはニセモノ? 榮倉奈々が“踊るあほう”になる『阿波DANCE』公開

徳島・鳴門を舞台に、高校生たちによる地元の伝統の阿波踊りと、ヒップホップの融合を描いた青春エンターテイメント『阿波DANCE』。8月18日(土)に渋谷アミューズCQNにて先行公開を迎えた本作の舞台挨拶に、主演の榮倉奈々をはじめ北条隆博、橋本淳、尾上寛之に高橋克実、そして長江俊和監督が登壇した。

榮倉奈々、勝地涼が阿波踊りでコンテストに乱入!? さすがのSAMも阿波踊りは… 画像

榮倉奈々、勝地涼が阿波踊りでコンテストに乱入!? さすがのSAMも阿波踊りは…

エイベックス・グループが“キッズのキラッとした個性をもっと輝かせるために”というコンセプトで開催してきた「キラット・エンタメ チャレンジコンテスト2007」の決勝大会が8月7日(火)に行われ、歌、モデル、エンタメ、ダンスの4部門で予選を勝ち抜いてきた48組が、ステージで熱い戦いを繰り広げた。会場には、特別プレゼンターとして映画『阿波DANCE』から榮倉奈々、勝地涼、北条隆博、橋本淳、尾上寛之の“チーム阿波DANCE”が来場。特別ゲスト審査員であり、本作の主題歌を担当するTRFのSAM、ETSU、CHIHARUとともに榮倉さんらが登場すると、出場選手や観客からは大歓声が上がった。

ダサくてサエない青春への賛歌『檸檬のころ』榮倉奈々、谷村美月、柄本佑、林直次郎、岩田ユキ監督完成披露舞台挨拶 画像

ダサくてサエない青春への賛歌『檸檬のころ』榮倉奈々、谷村美月、柄本佑、林直次郎、岩田ユキ監督完成披露舞台挨拶

山に囲まれた田舎町を舞台に、卒業を半年後に控えたごく普通の5人の高校生たちの甘く、そして痛みをともなった青春を描いた『檸檬のころ』。本作の完成披露試写会が2月6日(火)に行われ、主演の榮倉奈々、谷村美月、柄本祐、林直次郎、そして本作がデビュー作となった岩田ユキ監督が舞台挨拶に登壇した。

アジア各国配給に向け好スタート!『僕は妹に恋をする』松本潤、榮倉奈々、平岡祐太舞台挨拶 画像

アジア各国配給に向け好スタート!『僕は妹に恋をする』松本潤、榮倉奈々、平岡祐太舞台挨拶

「嵐」松本潤の初単独主演作となる『僕は妹に恋をする』が1月20日(土)公開初日を迎え、恵比寿ガーデンシネマでは初回と2回目の上映時、キャストと監督による舞台挨拶が行われた。早朝より恵比寿ガーデンシネマにつめかけた満席の観客約200名を前に登壇したのは、安藤尋監督はじめ、出演者の松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏の5名。

クリスタル・ケイも祝福!『僕は妹に恋をする』松本潤、榮倉奈々サプライズ試写会舞台挨拶 画像

クリスタル・ケイも祝福!『僕は妹に恋をする』松本潤、榮倉奈々サプライズ試写会舞台挨拶

人気グループ・嵐の松本潤が初の単独主演を果たした映画『僕は妹に恋をする』。1月15日、九段会館にてサプライズ舞台挨拶試写会が開催され、主演の松本潤、榮倉奈々、安藤尋監督が舞台挨拶を行った。

榮倉奈々、眞木大輔(EXILE)初共演『渋谷区円山町』完成記者会見 画像

榮倉奈々、眞木大輔(EXILE)初共演『渋谷区円山町』完成記者会見

人気ティーン誌「SEVENTEEN」の専属モデルであり、『僕は妹に恋をする』の公開を来年に控える榮倉奈々とEXILEのメンバー・眞木大輔が初共演でおくる青春ラブストーリー映画『渋谷区円山町』。12月7日(木)、完成記者会見が行われ、仲里依紗、眞木大輔、榮倉奈々、原裕美子、原作者のおかざき真里、永田琴監督が登壇した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
Page 7 of 7
page top