※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ホン・サンス

【映画と仕事 vol.22】日米デザイナー対談! 2人のデザイナーは鬼才ホン・サンスの世界をどう切り取ったのか? 画像

【映画と仕事 vol.22】日米デザイナー対談! 2人のデザイナーは鬼才ホン・サンスの世界をどう切り取ったのか?

【映画お仕事図鑑 vol.22】は『小説家の映画』の公開を記念して、日本でホン・サンス監督の作品のポスターデザインを担当してきた若林伸重、同じくアメリカ版のデザインを担当してきたBrian Hung(ブライアン・ホン)のオンラインでの対談をお届けする。

『小説家の映画』『あなたの顔の前に』ほかホン・サンス監督4作品ポスター展開催決定 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

『小説家の映画』『あなたの顔の前に』ほかホン・サンス監督4作品ポスター展開催決定

『小説家の映画』の公開を間近に控えるホン・サンス監督の4作品のポスターを集めたポスター展の開催が決定した。

ホン・サンス監督特集上映、映画館Strangerにて6月20日より開催 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

ホン・サンス監督特集上映、映画館Strangerにて6月20日より開催

ホン・サンス監督最新作『小説家の映画』の公開を記念し、映画館Strangerにて<ホン・サンス映画祭>が開催されることが分かった。

キム・ミニ「カメラの前ではより自然に」映画館が似合う場面写真も『小説家の映画』 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

キム・ミニ「カメラの前ではより自然に」映画館が似合う場面写真も『小説家の映画』

韓国の名匠ホン・サンス監督の日本公開最新作『小説家の映画』。この度、監督の公私にわたるパートナーとして知られるキム・ミニの魅力にフォーカスした新場面写真と、キム・ミニからの新たなコメントが到着した。

キム・ミニ×イ・ヘヨンが友愛と連帯の物語紡ぐ、ホン・サンス監督作『小説家の映画』6月公開 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

キム・ミニ×イ・ヘヨンが友愛と連帯の物語紡ぐ、ホン・サンス監督作『小説家の映画』6月公開

『逃げた女』キム・ミニと『あなたの顔の前に』イ・ヘヨンが初共演にしてW主演し、ホン・サンス監督最新作『小説家の映画』として6月30日(金)より公開、日本版ポスタービジュアルと予告編が解禁。

「韓流映画祭2023」開催!ソン・ガンホ&ホン・サンス監督のデビュー作ほか4作先行発表 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

「韓流映画祭2023」開催!ソン・ガンホ&ホン・サンス監督のデビュー作ほか4作先行発表

“韓流”上陸が20周年に、「韓流映画祭2023」が開催決定。日本未公開作品を含む全21作品のうち4作品が発表

「中高年女性のリアルな気高さを描く」ホン・サンス『あなたの顔の前に』『イントロダクション』新ビジュアル&コメント到着 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

「中高年女性のリアルな気高さを描く」ホン・サンス『あなたの顔の前に』『イントロダクション』新ビジュアル&コメント到着

名匠ホン・サンス監督『イントロダクション』『あなたの顔の前に』公開を目前に、新ビジュアルが解禁。各界著名人からもコメントが到着。

『あなたの顔の前に』ホン・サンス監督が物語の出発点を語る 必要なのはまず「俳優たち」 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

『あなたの顔の前に』ホン・サンス監督が物語の出発点を語る 必要なのはまず「俳優たち」

ホン・サンス監督が、ある中年女性の心の深淵に迫った新境地がうかがえる『あなたの顔の前に』から監督の貴重なインタビューが到着。

ホン・サンス監督との撮影は「信じられないほど自由」主演イ・ヘヨンが明かす『あなたの顔の前に』 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

ホン・サンス監督との撮影は「信じられないほど自由」主演イ・ヘヨンが明かす『あなたの顔の前に』

『あなたの顔の前に』でホン・サンス作品へ初出演にして主演を飾ったイ・ヘヨンが、監督との出会いや、本作への出演に至るまでの裏話、監督の驚くべき演出方法などを語る。

ホン・サンス監督の日本公開最新作『イントロダクション』『あなたの顔の前に』同時公開 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

ホン・サンス監督の日本公開最新作『イントロダクション』『あなたの顔の前に』同時公開

韓国の名匠ホン・サンス監督の日本公開最新作となる長編25作目『イントロダクション』と長編26作目『あなたの顔の前に』が同時公開決定。

『逃げた女』とは結局、誰なのか…ホン・サンス監督へのQ&A到着 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

『逃げた女』とは結局、誰なのか…ホン・サンス監督へのQ&A到着

ホン・サンス監督が、キム・ミニ主演の『逃げた女』の意味深なタイトルについて、猫の奇跡の名演技の撮影エピソードなどを語ったインタビューや、メイキング写真が到着。

ひとり歩くキム・ミニの姿が印象的『逃げた女』新ビジュアル完成 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

ひとり歩くキム・ミニの姿が印象的『逃げた女』新ビジュアル完成

『逃げた女』から、キム・ミニ演じる主人公の歩く後ろ姿が印象的な新ビジュアルが解禁。また、吉岡里帆や満島真之介、行定勲監督らからコメントが到着。

ホン・サンス監督特集上映開催、加瀬亮主演『自由が丘で』ほか12作品を上映 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

ホン・サンス監督特集上映開催、加瀬亮主演『自由が丘で』ほか12作品を上映

ホン・サンスの過去の作品を上映する「HONG SANGSOO RETROSPECTIVE 12色のホン・サンス」が開催されることが決定した。

キム・ミニ×ホン・サンス監督、7度目のタッグ『逃げた女』6月公開&予告編 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

キム・ミニ×ホン・サンス監督、7度目のタッグ『逃げた女』6月公開&予告編

世界的に注目を集める韓国映画界において、ひときわ特異な存在感を放ち続ける映画作家ホン・サンスが、公私にわたるパートナーであるキム・ミニとの7度目のタッグを組んだ『逃げた女』の公開が6月11日に決定。予告編とポスタービジュアルが解禁された。

「彼女は創造の源」「初恋のような体験」ホン・サンス&キム・ミニがお互いを語る 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

「彼女は創造の源」「初恋のような体験」ホン・サンス&キム・ミニがお互いを語る

いま世界一センセーショナルな映画監督と女優として注目を集める、ホン・サンスとキム・ミニの初めてのタッグ作『正しい日 間違えた日』。このほど、話題の2人がお互いへの想いを初めて語ったインタビューコメントがシネマカフェに到着した

【インタビュー】公私にわたるミューズ、キム・ミニが語る名匠ホン・サンスのすごさ「本当に面白い」 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

【インタビュー】公私にわたるミューズ、キム・ミニが語る名匠ホン・サンスのすごさ「本当に面白い」

第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された、アジアを代表する名匠ホン・サンス監督の最新作『それから』。主演をつとめるキム・ミニは、R18指定作品『お嬢さん』(パク・チャヌク監督)の妖しくミステリアスなお嬢さん役の大胆演技で国際的に評価を高めた。

ホン・サンスの新ミューズ、キム・ミニ主演の衝撃作 『お嬢さん』限定上映決定 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

ホン・サンスの新ミューズ、キム・ミニ主演の衝撃作 『お嬢さん』限定上映決定

ホン・サンス監督の最新作『それから』の公開を記念して、彼の新ミューズで本作の主演、キム・ミニのヒット作『お嬢さん』が、限定公開されることが緊急決定した。

名匠ホン・サンス、新恋人キム・ミニとの初タッグ作『正しい日 間違えた日』予告公開 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

名匠ホン・サンス、新恋人キム・ミニとの初タッグ作『正しい日 間違えた日』予告公開

実生活で恋人であることを公言し、いま世界一センセーショナルな監督と女優として注目を集めるホン・サンス監督とキム・ミニの初タッグ作『正しい日 間違えた日』が夏、日本公開されることが決定。本作の予告編がいち早くシネマカフェに到着した。

加瀬亮、ホン・サンスと2年越しの約束果たし感慨! 完成作は「7回観て7回発見あった」 画像
シネマカフェ編集部
シネマカフェ編集部

加瀬亮、ホン・サンスと2年越しの約束果たし感慨! 完成作は「7回観て7回発見あった」

加瀬亮が韓国の名匠ホン・サンス監督と組んだ『自由が丘で』が12月13日(土)に公開を迎え、2人が揃って都内劇場で舞台挨拶に臨んだ。

加瀬亮&ホン・サンス監督が届ける「心地“酔い”時間」 画像
Umi
Umi

加瀬亮&ホン・サンス監督が届ける「心地“酔い”時間」

ついに12月。1年が過ぎ行くのはなんて早いのでしょう。これから忘年会にお正月と、「お酒」の量がいつにも増してくる時期ですよね。そんな今回の…

【玄里BLOG】エリック・ロメール監督『緑の光線』----ホン・サンス監督特集上映より 画像
text:Hyunri
text:Hyunri

【玄里BLOG】エリック・ロメール監督『緑の光線』----ホン・サンス監督特集上映より

先週まで 渋谷オーディトリウムで開催されていた「ホン・サンス監督特集上映」。

【シネマモード】おそるべき雑談力 ホン・サンス監督作『3人のアンヌ』 画像

【シネマモード】おそるべき雑談力 ホン・サンス監督作『3人のアンヌ』

前回のコラムでもご紹介したとおり、日本を嫉妬させる韓国人監督たちの活躍が勢いを増しています。『オアシス』のイ・チャンドン、『悪い男』のキム・ギドク、『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク、

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top