存在のない子供たち

少年が“両親を訴える”…衝撃の法廷シーン入手『存在のない子供たち』 画像

少年が“両親を訴える”…衝撃の法廷シーン入手『存在のない子供たち』

本年度ゴールデン・グローブ賞ならびにアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『存在のない子供たち』から、主人公の少年ゼインの真摯な訴えが胸に迫る本編映像が公開された。

難民の少年が演じる圧倒的リアリティ『存在のない子供たち』主人公のいま 画像

難民の少年が演じる圧倒的リアリティ『存在のない子供たち』主人公のいま

『存在のない子供たち』から6月20日(木)の「世界難民の日」に合わせ、全くの演技未経験ながら本作主演に抜擢され、 カンヌのレッドカーペッドに立つまでになった少年ゼインが語る特別映像がいち早く到着。

「僕は地獄で生きてる」無国籍の少年の悲痛な言葉に涙する…『存在のない子供たち』予告 画像

「僕は地獄で生きてる」無国籍の少年の悲痛な言葉に涙する…『存在のない子供たち』予告

中東の貧困と移民の問題を描き、カンヌ国際映画祭2018のコンペティション部門「審査員賞」「エキュメニカル審査員賞」を受賞した『存在のない子供たち』のポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

“僕を産んだ罪”で両親を訴える…レバノン映画『カペナウム』邦題&公開決定 画像

“僕を産んだ罪”で両親を訴える…レバノン映画『カペナウム』邦題&公開決定

本年度ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞にて『ROMA/ローマ』や『万引き家族』と外国語映画賞を競ったレバノン代表作品『カペナウム/Capernaum』(原題)が、邦題『存在のない子供たち』として7月、日本公開されることが決定した。

    Page 1 of 1
    page top