社会派 『存在のない子供たち』作品情報

2019年7月20日 公開の映画作品

あらすじ

わずか12歳で裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に働かされている。唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらに過酷な“現実”だった。果たしてゼインの未来とは――。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『存在のない子供たち』予告 『存在のない子供たち』予告

スタッフ

監督 ・脚本

ナディーン・ラバキー

キャスト

  • ナディーン・ラバキー
  • ゼイン・アル・ラフィーア
  • ヨルダノス・シフェラウ
  • ボルワティフ・トレジャー・バンコレ

作品データ

  • 2019年7月20日よりシネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて公開
  • 原題CAPHARNAÜM
  • 製作年2018
  • 製作国レバノン、フランス
  • 上映時間125分
  • 映倫区分PG12
  • 配給会社キノフィルムズ
  • クレジット©2018MoozFilms
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『存在のない子供たち』関連記事

少年が“両親を訴える”…衝撃の法廷シーン入手『存在のない子供たち』 画像
洋画ニュース

少年が“両親を訴える”…衝撃の法廷シーン入手『存在のない子供たち』

本年度ゴールデン・グローブ賞ならびにアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『存在のない子供たち』から、主人公の少年ゼインの真摯な訴えが胸に迫る本編映像が公開された。

難民の少年が演じる圧倒的リアリティ『存在のない子供たち』主人公のいま 画像
洋画ニュース

難民の少年が演じる圧倒的リアリティ『存在のない子供たち』主人公のいま

『存在のない子供たち』から6月20日(木)の「世界難民の日」に合わせ、全くの演技未経験ながら本作主演に抜擢され、 カンヌのレッドカーペッドに立つまでになった少年ゼインが語る特別映像がいち早く到着。

「僕は地獄で生きてる」無国籍の少年の悲痛な言葉に涙する…『存在のない子供たち』予告 画像
洋画ニュース

「僕は地獄で生きてる」無国籍の少年の悲痛な言葉に涙する…『存在のない子供たち』予告

中東の貧困と移民の問題を描き、カンヌ国際映画祭2018のコンペティション部門「審査員賞」「エキュメニカル審査員賞」を受賞した『存在のない子供たち』のポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

“僕を産んだ罪”で両親を訴える…レバノン映画『カペナウム』邦題&公開決定 画像
洋画ニュース

“僕を産んだ罪”で両親を訴える…レバノン映画『カペナウム』邦題&公開決定

本年度ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞にて『ROMA/ローマ』や『万引き家族』と外国語映画賞を競ったレバノン代表作品『カペナウム/Capernaum』(原題)が、邦題『存在のない子供たち』として7月、日本公開されることが決定した。

page top