「脚本も面白くて、映画になるのが楽しみだった」荒川良々『全然大丈夫』を語る

最新ニュース

『全然大丈夫』荒川良々 photo:Yoshio Kumagai
  • 『全然大丈夫』荒川良々 photo:Yoshio Kumagai
  • 『全然大丈夫』荒川良々 photo:Yoshio Kumagai
  • 『全然大丈夫』荒川良々 photo:Yoshio Kumagai
その風貌と雰囲気で観る者に大きなインパクトを与える個性派俳優・荒川良々。松尾スズキ主宰の「大人計画」に所属し、舞台やドラマ、映画で活躍してきた彼の主演映画『全然大丈夫』が1月26日(土)よりシネクイントほかにて公開される。古本屋の長男で植木職人で、人を怖がらせることが大好きな照男を演じた荒川さんに話を聞いた。

本作は荒川さんにとって『恋する幼虫』以来の主演作となる。
『恋する幼虫』は井口昇監督の自主映画なので、商業映画では初主演ですね。でも、岡田(義徳)さんと木村(佳乃)さんの3人ですから、最初に僕の名前があるというだけで、“主演”という感じではなかったです。たまたま出番が多かったというだけですね(笑)。『俺、主役だから!』という気持ちはなかったです」。

監督の藤田容介は、「大人計画」の松尾スズキや宮藤官九郎演出作品の劇中映像やオープニング映像を手がけてきており、荒川さんともつきあいが長い。特に本作は監督が荒川さんを当て書き(役者を想定して脚本を書く)している。
「僕は元々監督の映像や世界観が大好きなので、(当て書きと聞いて)すごく嬉しかったですね。脚本を読んだだけでも面白いし、この作品が映画になるのが嬉しかったし、この脚本が映像として完成するのが楽しみでした」。

当て書きをされてはいるが、照男と荒川さんは「似ていない」そうだ。
「どこかしら似ているところはあるかもしれないですけど…。でも自分もそうですけど、人ってなんとなく生きてる部分があるじゃないですか? 照男は植木を極めようと思って植木屋になったわけじゃないし、友達からちょっと挑発されただけでお化け屋敷を作るって言ったりしますし。僕自身も、なんとなく東京に来たんですよ。“東京で一旗揚げよう”とか“役者の道に入って、いつか舘ひろしさんと一緒にやってやるぜ”みたいな気持ちもなく(笑)、流れに乗って、いまみたいな感じになったという部分もありますから」。

撮影中、監督からはとにかく「リラックスして」という演出があった。
「元々、あんまりオーバーに誇張したり、『こうやってください』という監督ではなかったので、岡田さんと喋るときも『リラックスしてください』という演出が多かったんです。やっぱりセリフを言うときって、自分では意識してなくてもどうしても、どこかしらに力が入ってしまうんですよね。でもカメラを通して監督が見たときに、力が入ってたらすぐに、『友達と一緒にいて、しかも自分の家だから、リラックスしてください』と言われて。それが繋がって、こういうのんびりした自然体な感じの映画になったんでしょうね」。

インタビューでもリラックスした雰囲気で話してくれた荒川さん。撮影中、奈良に行ったことが印象に残っていると言う。
「奈良に行ったのが、生まれて初めてだったんですよ。『あ、鹿だ』とか『大仏だ!』とか、奈良の街並みも印象に残ってますね。僕と岡田さんが、撮影日の前日から奈良に入ったんです。スタッフさんも2人いらして、4人でご飯食べました。その後、ホテルの近所に飲みに行ったあと、僕一人で街を歩いたときに、石畳が並んだ街並みが『いいな』と思ったんです。古めかしいところが。奈良って昔の都ですよね? 『あ、こういうところだったんだ』って改めて思いました」。

最後に、今後の荒川さんの活動について教えてもらった。
「2月に岩松了さんの『恋する妊婦』という舞台をやります。大衆演劇の一座のお話で、僕はそこに出入りする八百屋の役です」。

《photo:Yoshio Kumagai》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top