やっぱりテレビってスゴイ!──ブログで話題の映画って?<12月25日号>

最新ニュース

『アイ・アム・レジェンド』 (C)- 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『アイ・アム・レジェンド』 (C)- 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』 (C)- 2007 Fox and its related entities. All rights reserved.
  • 『全然大丈夫』 (C)- 2007『全然大丈夫』製作委員会
ウィル・スミスのパニック映画が首位に!

“公開中の映画”で、いま一番話題になっているのは『アイ・アム・レジェンド』(写真上)。先週の2位から首位を奪取した。その代わり2位に落ちたのが『マリと子犬の物語』。とはいえ、先週同様に1ポイントしか差がないので、どちらも話題になっているということでしょう。それよりも気になるのが3位の韓国映画『カンナさん大成功です!』。これはおそらく、山田優主演で同作品を原作にドラマ放映がニュースになっているため。全身整形がテーマになっている作品だが、整形がステータスになっている韓国と、少々タブー視される日本で、描写の違いはあるのだろうか? 加えて、2002年に放映されていた米倉涼子主演のドラマ「整形美人」との違い(そもそも原作が違うのですが)も気になる!

年末ということもあり、今週末の公開は『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』(写真右)のみ。しかも28日(金)公開。加えてこの作品は、公開前のプロモーションが23日(日)に行われた試写会@青木ヶ原の樹海のみというだけあって、なかなか話題には上らないのが残念。前作の人気(少々カルトですが)を考えると、もっと話題になっても良いと思うのですが。よって“今週末公開の映画”の上位3作品は、1位『ルイスと未来泥棒』、2位『シナモン the movie』、3位『グミ・チョコレート・パイン』。ちなみに興行成績の方は、『ルイスと未来泥棒』が初登場5位に終わっている。20本以上公開された先週末の激戦を制したのは『アイ・アム・レジェンド』。この作品の強さは、ウィル・スミスだから? それとも来日プロモーションが効いてる? 2位も『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』だし、ハリウッド・セレブの来日は、やっぱり効果が高いのか?

『恋空』がついに首位陥落!

これまで長きにわたり“総合(ブロガー数順)”を支配してきた『恋空』が4位に転落。1位となったのは先日テレビで放映された『手紙』。いまだに、何かとニュースになってしまう沢尻エリカ主演の感動ドラマだ。沢尻自身の評判はさておき、『手紙』の評価は公開当時からかなり高く、最終的に12億円の興行成績を収めている。作品のジャンルや出演者にもよるが、やはりテレビ放映されると話題に上りやすいことを実感。先週2位だった『マリと子犬の物語』は3位に転落。作品の評判、興行成績ともに上々だが、やはり主演が船越英一郎というところに、『恋空』になれない限界点を見た感じ。

『サンタクローズ』はやはりシーズンものだから?

ティム・アレン主演の(アメリカで)人気シリーズ『サンタクローズ』がいきなり首位。まあ、シーズンものですから仕方ないということでしょう。その代わりと言っては何ですが、2位に躍り出たのは荒川良々主演の『全然大丈夫』(写真左)。阿部サダヲ、宮藤官九郎らが所属し、松尾スズキが率いる大人計画の一員として、ここ数年めきめき頭角を現している、あの荒川氏。今回のランクインは、プロモーションの一環として“大丈部”なるものを発足し、先週に決起集会という名の試写会が開催されたからか? 3位は先週末に公開された『再会の街で』。9.11そのものではなく、その後を描いた作品で、コメディアン、アダム・サンドラーがいつになくシリアスな演技をしているのが見どころ。実はかなりの演技力の持ち主なので、泣かせる感動ドラマになっている。(毎週火曜日配信/次回は2008年1月8日)

ブログ話題度ランキング
http://kizasi.cinemacafe.net/


■ブログ話題度とは?
ブログで話題の情報を提供する「kizasi.jp」独自のブログ解析エンジンにより、シネマカフェに掲載されている映画作品名がブログ上に掲載されている“話題度”をポイント化。いまブログ上で最も話題の映画作品のランキングを掲載しています。また、映画作品に関連する言葉も抽出して掲載。その作品がブログで、どのような言葉で語られているかを知ることができます。興行成績やDVD売上だけでは知ることの出来ない、映画ファンが“いま”話題にしている映画はどの作品か? ヒットの“kizasi”が見えてくるオリジナルランキングです。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top