小栗旬が初訪韓 空港に200人 舞台挨拶に650人殺到

最新ニュース

第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
  • 第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭に参加した小栗旬 photo:Yoko Saito
俳優の小栗旬が7月19日(月)、韓国を初訪問。プチョン(富川)市内で開催中の「第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭」に出品中の初監督映画『シュアリー・サムデイ』の公式上映後に、舞台挨拶とティーチインを行った。

会場のプチョン・シティーホール大ホール約650席は若い女性ファンが埋め尽くしほぼ満席。小栗監督が登場すると、客席からは黄色い大声援。「小栗旬です」と韓国語で挨拶すると、「キャー!」と悲鳴が飛び交い、「愛してます!」の日本語の声援も。韓国は「初めてです」と話すと、会場から「オオー!」と喜ぶ声が上がった。

ティーチインは、『息もできない』などで日本でも人気の俳優で監督のヤン・イクチュンとの対談形式で進行。『シュアリー・サムデイ』は、高校時代に校舎爆破事件を起こした男子5人組が、3年後、ひょんなことから3億円をめぐるトラブルに巻き込まれ、ヤクザから追われるハメになる青春暴走ムービー。ヤン監督から、「感情がすっきりする映画ですね」と感想を述べられると、「エネルギーを持って生きることが大事だと思っています。(本作を出品した今年の)ゆうばり(国際ファンタスティック映画祭)で、この映画を観た韓国の方々が『日本の若者は元気があると感じた』と言って下さった。だから日本はパワーがないように見えているのかと、心配しました」と苦笑い。会場の笑いを誘った。

本作を作るにあたり影響を受けた人はいる? の問いには「ガイ・リッチー監督の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』が好きで、あの人の撮るスピード感を真似した部分はあります」と回答。「でも今後はヤン・イクチュン監督の『息もできない』のような映画を撮れるようになりたい。すごく面白かったです」と続け、ヤン監督と笑い合った。

通訳の女性が、会場から最後の質問を募ると、再び悲鳴が飛び交った。最後の質問者は男性で、この作品に込めた思いは? には、「いいじゃないか、失敗しても、人間だものってことですかね。彼ら(劇中の5人)は夢の途中にいるんだけど、一歩踏み出せたら見える景色も違う。それって幸せなことなんじゃないかと」と真摯な表情。「僕も夢の途中にいて、そのまま死んでしまうかもしれないけど、タイトルの『いつかきっと(シュアリー・サムデイ)』って思いながら生きれば、毎日が楽しいと思うし、そう思って力尽きたら、なかなかいい人生だったと思えると思う。だから『いつかきっと』という言葉と共に、生きていきたい」と熱く語った。

こちらのイベントにはほかの監督のティーチインでは見られなかったSPも“出動”し、取材陣も倍以上で100人近く集まった。小栗監督はこの日、午後5時過ぎに金浦空港に到着。約200人のファンに出迎えられ、笑顔を振りまくなど、声援に応えていた。

『シュアリー・サムデイ』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top