小出恵介 最初で最後の「巧 with シュアリー・スターズ」ライヴで「燃え尽きた」

最新ニュース

『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
  • 『シュアリー・サムデイ』ライヴイベント photo:Yoko Saito
俳優・小栗旬の初監督映画『シュアリー・サムデイ』のライヴイベントが7月11日(日)、東京国際フォーラムで行われ、劇中バンド“巧 with シュアリー・スターズ”として本作の主題歌「シュアリー・サムデイ」でCDデビューした主演の小出恵介が、最初で最後として同曲を初ナマ披露した。

主人公・巧を演じる小出さんと勝地涼、鈴木亮平、ムロツヨシ、綾野剛が劇中で結成したバンドで、同曲は小栗監督自らオファーしたトータス松本による書き下ろし。勝地さんが舞台出演中のため欠席したが、小出さんらはエネルギッシュかつ息の合ったステージパフォーマンスを披露し、女性ファンの黄色い大声援を浴びた。

歌い終わった小出さんは「緊張して泣きそうになった」と緊張感を引きずったまま。小栗監督から「緊張した?」と聞かれると「した!」と即答。「かっこよかった。よくやったよ!」と労われると、ようやくホッとしたような笑顔を見せた。メンバーのムロさんから「演奏シーンの撮影のとき、恵介が打ち合わせナシでダイヴしたら、お客さんがビックリして逃げたんですよ。今日もやるんじゃないかと思ってドキドキした」と裏話を暴露されると、広い場内を見渡しつつ「やろうかと思ったけど、ちょっと客席が遠くて」と軽妙な受け答え。会場の笑いを誘った。

だがその後のトークでもうつむき加減のバンドメンバー4人の様子に、小栗さんは「今日、4人は相当緊張していたんですね。いま、みんな舞台挨拶どころじゃないって感じ、もう1点を見つめちゃって…」と温かい眼差し。小出さんが「放心状態? 燃え尽きた感じ? ハハハ…」と答えるなど、4人は照れ臭そうにますますうつむいた。小出さんは締めの挨拶でも、MCの「では小西(真奈美)さん、お願いします」という振りに「はい、えっと…」とフライング。自身の番になり「僕らも大変大変って言ってましたけど、彼(小栗監督)が一番大変なのに、それを見せず呑み込んでいて、その姿にパワーをもらった」としみじみいい話をしていたが「公開は19日なんで…あっ、17日?」と“NG”2連発。まさに燃え尽きて放心状態の様子で、ファンと共演陣の温かい笑いを誘った。

この日のイベントには、トータス松本さん、音楽を務める菅野よう子も出席。トータスさんは同曲のアコースティック・バージョンを初披露し、菅野さんは手嶌葵と劇中歌「Because」を披露。小栗監督は「音楽のお陰で、『シュアリー・サムデイ』が200倍良くなりました」と感激していた。

『シュアリー・サムデイ』は7月17日(土)より全国にて公開。



特集 special interview『シュアリー・サムデイ』
http://www.cinemacafe.net/special/surely/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top