東京の南160キロ 映画館のない式根島に初の3D『怪盗グルーの月泥棒』&鶴瓶上陸

最新ニュース

『怪盗グル—の月泥棒 3D』ジャパン・プレミア
  • 『怪盗グル—の月泥棒 3D』ジャパン・プレミア
全米でヒットを記録したアニメーション映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』のジャパン・プレミアが10月10日(日)、東京の南およそ160キロに位置する、面積3.9平方キロメートル、人口約570人の離島、東京都新島式根島にて開催され、日本語吹き替え版の声優を担当している笑福亭鶴瓶が舞台挨拶に登場した。

映画館のない式根島で3Dアニメーションが上映されるのはもちろん初めて! この日のために35ミリフィルム映写機やスクリーン、スピーカーに3Dメガネなどが島外から船で運搬され、あいにくの雨にもかかわらず島民のおよそ半数にあたる230人ほどの観客が会場の式根島中学校の体育館に集まった。

映画は世界No.1を自認する怪盗グルーと仲間のミニオンたちが、それを証明するために月を盗むという途方もない計画を立てるが、ひょんなことから孤児の3姉妹を預かることになり、彼女たちとのふれあいの中で心を通わせていく様子が描かれる。

上映後に体育館に鶴瓶さんが登場! 歓声がわき起こる中「どうもどうも〜、良かったやろ〜?」と満面の笑みを浮かべ、いつもの調子で観客の前へ。実は、悪天候の影響で鶴瓶さんは当初の予定の飛行機から、急遽、高速ジェット船に変更し式根島に到着したそうで「本当に来られないかと思ったよ〜」とホッとした様子を見せた。そして「島でやりたかったんですよ。僕も、最初はあまり3Dに興味がなかったんですけど、この作品をワールドプレミアで初めて観てビックリした。だから、なるべく3D映画にふれていないような子供たちに観てもらいたかったんです。面白かったでしょ? きっといい思い出になるよ。中学校の体育館で3D映画を観たことが」とやさしい口調で語りかけた。

島民からも初体験の3Dに驚きや興奮の感想が次々と飛び出し、当初、予定されていた鶴瓶さんへの質疑応答も逆に鶴瓶さんから島民への質問の時間に…。映画の感想に島の魅力、果ては本土から島に嫁いできた女性に島の感想を尋ねるなど、鶴瓶さんの本領発揮! さらには「島の外に出るなら、今日観たような映画の仕事。そうじゃないなら島でおじいちゃんがやっている漁師を継ぎなさい!」と子供たちへの進路相談までこなし、会場の笑いを誘った。最後に鶴瓶さんは「今度はぜひゆっくり、夏に来たいね」と島民に再訪を約束した。

『怪盗グルーの月泥棒 3D』は10月29日(金)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top