ロバート・パティンソン、アメリカでの異常人気に困惑中

最新ニュース

ロバート・パティンソン&クリステン・スチュワート -(C) Splash/AFLO
  • ロバート・パティンソン&クリステン・スチュワート -(C) Splash/AFLO
『トワイライト』シリーズで一躍ティーンのアイドルになったロバート・パティンソンが、人気が出過ぎたためにアメリカでは自由に行動できなくなったと嘆いている。

どこに行くにもパパラッチに追い回されるロバートは「僕について書かれた記事をもう読みたくない」と、うんざりしている様子。「特にアメリカがすごいんだ。少し前には、きっとロンドンでもそうなるんだろうなと想像してたんだけど、実はそういうわけでもないんだ」と、母国では意外と不人気? な実情も告白した。

「出かけるたびに写真を撮り続けるのが好きな人もいるけど、僕に言わせれば、とてもつまらない人だよ」と、やや八つ当たり気味。ロバート自身も英国の芸能誌「OK!」誌上で、「(人気者になったことで)やりたい映画に出演できるんだけど。ときどき被害妄想っぽくなってしまうんだ」と自省する。『トワイライト』シリーズでの共演がきっかけで恋人になったクリステン・スチュワートと落ち着いてデートもできないのが、相当ストレスになっている?



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top