今度はヘイリー・スタインフェルドが、眠れる森の美女に! 童話の実写化、続々と決定

最新ニュース

ヘイリー・スタインフェルド
  • ヘイリー・スタインフェルド
現在公開中の『トゥルー・グリット』で長編映画デビューを果たすと同時に14歳にしてオスカー助演女優賞候補になったヘイリー・スタインフェルドが、童話「眠れる森の美女」の実写版に主演するかもしれない。

映画サイト「Deadline Hollywood」によると、リンジー・デヴリン執筆の脚本はディズニーの長編アニメでおなじみの「眠れる森の美女」のストーリーとは違う展開で、魔女の呪いで眠りについたヒロインのオーロラ姫はただ助けを待つのではなく、自ら夢の世界から脱出しようと奮闘するという設定。『トゥルー・グリット』でヘイリーが演じたマティにも通ずる強さを持ったヒロインのようだ。

「眠れる森の美女」の物語はもう1本映画化の企画が進行中。ティム・バートンがメガホンを取る予定で、主人公はオーロラ姫ではなく彼女に呪いをかける魔女マレフィセント。ディズニー・アニメの中で屈指の悪役といわれるマレフィセント役にはアンジェリーナ・ジョリーの起用がうわさされている。

最近ハリウッドでは童話を新しい視点で映画化する企画が流行中で、アマンダ・セイフライド主演の『赤ずきん』は6月に日本公開が決定。「白雪姫」はクリステン・スチュワートとシャーリーズ・セロンが出演の『Snow White and the Huntsman』(原題)とジュリア・ロバーツとアーミー・ハマーが出演の『The Brothers Grimm: Snow White』(原題)の2本、「ヘンゼルとグレーテル」の実写版『Hansel&Gretel: Witch Hunters』(原題)などの企画が進行中だ。

《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top