成宮寛貴インタビュー 「セリフなしでちゃんと愛してるって表現した」究極の純愛

最新ニュース

『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ばかもの』 成宮寛貴 photo:Yoshio Kumagai
10年という歳月はどれくらいの重みを持っているのだろうか? ちょうど10年前、成宮寛貴はある舞台で俳優としての道を歩み始めた。その後、TV、映画と活躍の幅を広げ、いまにいたるのは周知の通りである。やはり、10年という時間は決して軽くない。先日公開された公開『ばかもの』は絲山秋子の同名小説の映画化作品。ある男女が求め合い、傷つけ合い、時に自らを傷つけ、そして再生し…という10年におよぶ愛を描いている。成宮さんは2人の愛の形を「純愛」と言う。このラブストーリーを通して成宮さんは何を感じ、何を表現したのか? 公開を前に話を聞いた。

「不器用なラブストーリーの方が自分らしい」

「王道ではないラブストーリー」という言葉で成宮さんはこの10年の物語を表現する。
「毎年、いろんなラブストーリーがいろんな形で出てくるけど、この作品はド直球ではないですよね。すごく不器用なラブストーリーで、その方が自分らしいな、と思えたんです。王道のラブストーリーは…自分で演るには恥ずかしいですよ(笑)!」

いやいや、これまで山ほど王道のラブストーリーに出演してるし! というツッコミはさておき…確かに本作で演じているヒデという男は王道の主人公とは言えない。初めての女性に有頂天になって無邪気なまでに溺れ、捨てられ、虚しさを抱えたままアルコールに頼って堕ちていく——。見ている側が思わず気恥ずかしくなるほど(!)、見事なまでに未熟で気恥ずかしい若者の姿をさらけ出している。
「男なら誰しも経験したことのあるような『あちゃー…恥ずかしい!』っていう部分が詰まってると思います(笑)。女の子って同級生でもどこか年上の感じがするじゃないですか? 一生懸命なのに空回りして、なかなか同級生の女の子の心が掴めなかった中学生の頃の気持ちを思い出しながら演じてました(笑)。それから年上の女性が自分の腕の中に入っている感じというのはどこで得られるものなんだろう? とかそんなことを考えながらね。物語の上で、ヒデは最後にはその感覚を得られるのかもしれないですが…僕にはまだ女の子は分からないですね、難しいです」。

堕ちて堕ちて、やがて再生の道を少しずつ歩み始めるヒデ。一方、彼を捨てた女・額子(内田有紀)もまた壮絶な運命を生きる。ヒデと別れて結婚するものの、事故で片腕を失い、その後は寂しくひとりの人生を生きることに。人生に十分すぎるほど傷ついた2人が10年近くのときを経て再会する。
「10年前の恋人たちが再会してやり直すってことが実際にあるかというとなかなかない。そういう意味で、ある種の“ファンタジー”として2人の巡り合わせが描かれているけど、そこにものすごくグロテスクな現実が横たわってる。これがひとつの純愛の形なんだな、と。振り回されて捨てられて、その後10年の間にいろんなことがあって、それでも再会した瞬間に『あぁ、やっぱりこのひとなんだ』という“何か”があるんですよね。そこからは、昔の感情を引きずりつつも、彼女にもういちど近寄っていくことに恐怖を覚えながら接していて…。だけど、少しずつ溶けていくような感じと言えばいいのかな」。

「あのシーンがあったからこの映画に出ようって思った」

そんな2人の“愛の形”が象徴的に描かれるのが、隻腕となった額子が、脇の毛を剃ってくれるようにヒデに頼むシーン。成宮さんにとっては「あのシーンがあったから、この映画に出ようと思った」というほどの重要な意味を持つシーンである。
「“ちゃんと愛している”ということをセリフなしで、究極的に表現しているシーンですよね。あのシーンではもちろん、女優・内田さんを大切に、センシティブに扱わなくちゃいけない場面でもあるし、物語にとっても肝となる部分でもある。女性が一番見られたくない部分についてのお願いを、一番好きな人にするってどういうものなんだろう? それを言われた俺はどんな風に受け止めるんだ? って考えながら。額子もすごく不器用で、唐突なんですよね。きっと、昔ならそれを理解してあげられなかったけど、10年経って、ヒデも受け入れられるようになってるのかな、と」。

冒頭でも触れたようにデビューから10年。俳優として、そしてひとりの人間として、自分の中に変化を確実に感じている様子。「年をとったのかな…?」と笑いつつこんな言葉も。
「僕の年齢なら、そろそろ子供がいてもおかしくないですし、周りを見渡して影響されるところもあります。自分の中でも結婚とかが確実に視野に入ってきているからこそ、こういう作品に出たいって思えるようになったと思うんです」。

では成宮さん自身、この物語で描かれるような究極の愛、ここまで強い愛情というものを信じられる?
「自信はないです。でも例えば自分の腕がなくなってしまっても、相手に対してそれでも愛してほしいって思うし、逆の立場になったときに自分もそうありたいっていうのは純粋に思います」。

美しいだけではない人生、愛の物語の中で見苦しく、生々しく人を愛し、生きる男の姿を目に焼きつけてほしい。

《photo:Yoshio Kumagai》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top