中川翔子、ラプンツェルになったご気分は…ずばり、ビッグバーンハピネス!!

最新ニュース

『塔の上のラプンツェル』3Dジャパンプレミア
  • 『塔の上のラプンツェル』3Dジャパンプレミア
  • 『塔の上のラプンツェル』3Dジャパンプレミア
  • 『塔の上のラプンツェル』3Dジャパンプレミア
ディズニーの記念すべき長編アニメーション第50作目となる『塔の上のラプンツェル』の3Dジャパンプレミアが3月2日(水)、東京・お台場シネマメディアージュで開催され、主人公・ラプンツェルの日本語ボイスキャストに抜擢された中川翔子が、キュートなラプンツェル風ドレス姿を披露した。もちろん、ラプンツェルのトレードマークである不思議なパワーを持った長い髪の毛も再現。「まるで夢のよう。ビッグバーンハピネスな日になりました」と輝くしょこたんスタイルで、喜びも大爆発だ。

本作は生まれてから18年間、高い塔の上で暮らしてきたヒロインが、外の世界に飛び出し、様々な冒険とロマンを体験する感動ファンタジー。中川さんは劇場版『ポケットモンスター』シリーズで声優を経験しているが、長編アニメの主人公を演じるのは初めて。“しょこたん”版ディズニープリンセスの誕生は、早くも大きな反響を呼んでいる。会場には、本作の重要なキーアイテムである“人々の願いが込められた灯り”をモチーフにしたLED照明が所狭しと飾られ、まるで映画さながらの幻想的な雰囲気となった。

中川さんはラプンツェルの武器であるフライパンを手に、そして肩には相棒のカメレオンの“パスカル”を乗せて、すっかりラプンツェル気分を満喫。長年閉じ込められていた塔から飛び出し、未知なる冒険に出かけるラプンツェルに自分自身を重ね合わせ、「外に飛び出し、恋もしたいし、いろんな人に出会って強くなりたい」と力強い宣言も飛び出した。この日は、中川さん自身が大阪、静岡、北海道、福岡と全国キャンペーンに飛び回ったPRツアーの最終日。「各地でパワーを感じた! ここまで少しずつ広まってきたラプンツェルの波を、ここにいるみなさんにも広げていってほしい」と思いのこもったアピールだった。

プレミア当日は世界の歌姫ビヨンセも虜にした振付師じょんて★もーにんぐ、SKE48の木崎ゆりあ、小木曽汐莉、高柳明音、金子栞、女優の田丸麻紀、女優の剛力彩芽、モデルの土屋巴瑞季、お笑い芸人の椿鬼奴、絵美里(2009年ミス・ユニバース・ジャパン代表)らが3Dプレミアに招待され、レッドカーペットを闊歩した。

『塔の上のラプンツェル』は3月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top