『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史インタビュー 恋も仕事も九州男児 風格漂わせる22歳

最新ニュース

『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
  • 『ランウェイ☆ビート』瀬戸康史
誰が彼を“乙男(オトメン)”などと呼んだのか? 劇中の衣裳でもある巻きスカートがよく似合っているが、その表情はキリリと雄々しく、眼光は鋭い。何より、自身も「九州男児」と語るように、その口をついて出る言葉からは硬派で一徹な内面がうかがえる。瀬戸康史、22歳。昨年来、次々と話題のドラマに出演し、今年は大河ドラマにも挑戦した。そんな彼が、ファッションデザイナーの卵で天才的なセンスを持つ高校生を演じた『ランウェイ☆ビート』がついに公開。青春映画であり、家族の物語でもある本作。素の自身に置き換えて、感じることも多々あったようだが…。

「期待に応えるのが俺の使命」

自らを「クヨクヨとマイナスのことを考えない前向きな性格」と評し「(自身が演じた)美糸(ビート)は自分と似てるな、と思いました」という瀬戸さん。だが、これまで演じてきた役柄にはない決定的な要素も。
「天才っていう部分ですね。ビートのセリフや(洋服を作る)手さばきからしてそうなんですよ。でも、彼はまだ高校生なんです。普通にやると大人っぽく見えすぎちゃうので、そこで高校生らしさを出すのは難しかった。時折見せる笑顔を無邪気な感じに見せたり工夫しましたね」。

22歳の彼には失礼な言い方かもしれないが、よく見ると洒落たつくりになっている学ラン、それに制服のブレザー姿もよく似合っている。
「高校生役は結構多いので、自分でも違和感はないですね。映画の前がちょうど『タンブリング』で、しかも、撮影で使われたのも同じ学校で、またかって感じです。そこの卒業生みたいな気分ですね。『本当にお世話になりました』って(笑)。僕は高校時代、みんなで何か作り上げたり、夜中まで残ったりという“楽しい文化祭”の思い出がなかった。だから今回、疑似体験できたことにも嬉しかったです」。

とにかく、洋服に夢中でほかに何も見えないビート。いまをときめく桜庭ななみ演じるヒロイン、メイに想いを寄せられても、全く気付かない。告白されても「いまは服のことしか考えられない」。嫉妬まじりの男性陣、恋多き女性陣からツッコミ&ブーイングも飛び出しそうだが…。
「でも、僕も同じですね。仕事と恋愛を両立できないかな。というか俺、恋愛が苦手なんです(苦笑)。女性の心は本当に複雑で分からない…」。

と、ここから瀬戸さんの“恋愛談義”が!? 本人曰く「結婚願望はある! というのは子供が好きだから」、「もし付き合うことになったら絶対、結婚するつもりで一緒にいる」——などなど。“恋愛”という過程をすっ飛ばして、いきなり“結婚”に思いを巡らせる…。そこには瀬戸さんを支えてくれる、両親をはじめとする家族の存在の大きさを身に染みて感じているがゆえの思いが。
「僕は長男で、下は妹だけなんです。だから、福岡から東京に出てくるのもすごく大きな決断だった。親にとっても同じだったと思います。だからこそ、期待に応えるのが俺の使命だ、という思いでこれまでやってきた。やっぱりいまでも、自分を後押ししてくれる一番の存在は何かと聞かれたら“家族”。離れているからこそなおさらね」。

音楽に演技と「やりたいことがどんどん増えていく」

今回の映画では、田辺誠一演じる父親とビートの間には、大きな確執が横たわるが、この関係性を瀬戸さんは楽しんで演じた様子。
「うちの親は、子供に対してすごくフレンドリーなので、ああいう親子の確執は憧れてました(笑)。ちなみにいま、僕の中で悩んでいるのが父親の呼び方を『お父さん』から『オヤジ』に切り替える瞬間ですね。他人との会話の中では言えても、本人と直接話すときはまだ『お父さん』なんです。映画の中では田辺さん相手に『オヤジ!』ってバシバシ言ってるんですけどね(笑)」。

と赤裸々な悩み(?)を明かしてくれたが、一方で仕事で悩んだり壁にぶつかったことは「ほとんどない」とあっさり。そして「やりたいことがどんどん増えていく」とも。
「去年から『D☆DATE(D-BOYS内のユニット)』として音楽活動もやらせてもらうようになって、芝居とは違う方法で、メロディに自分の思いを乗せて直接伝えることができるんだと知ってすごく面白いです」。

その中で、自身に芽生えたある変化も感じているよう。
「僕、群れるのって好きじゃないんです。どちらかと言うと、一匹狼的なタイプで、全体を冷静に見てるというか。だから、ビートみたいなカリスマ性やリーダーシップはないですよ。ただ、D☆DATEはいま、チーム全体で伸びていかなくちゃいけない時期。その中で僕はちょうど先輩と後輩に挟まれた真ん中にいるんです。それで、みんなをつなげるパイプ役というのは意識してますね。コミュニケーションを取ったり、みんなで話し合ったり。そうやってレベルアップしていけるように…結構いま、頑張ってます(笑)」。

《text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top