ミラ・ジョヴォヴィッチ×檀れい 胸開きドレスと着物でレッドカーペットで競演!

最新ニュース

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』ワールド・プレミア in ロンドン
  • 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』ワールド・プレミア in ロンドン
  • 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』ワールド・プレミア in ロンドン
映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のワールド・プレミアがロンドンにて10月4日(現地時間)に開催され、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルームを始め、ローガン・ラーマン、ルーク・エヴァンス、マシュー・マクファディン、レイ・スティーヴンソン、ガブリエラ・ワイルドらキャスト陣に、ミラの夫でもあるポール・W・S・アンダーソン監督が勢揃い! さらに日本からは日本語吹替え版でミラ演じるミレディの声を担当している檀れいが華麗な着物姿で参加し、レッドカーペットでミラとの初対面を果たした。

これまでに幾度となく映像化やアニメ化がなされてきた「三銃士」の物語を『バイオハザード』シリーズのミラ&アンダーソン監督のコンビで新たに映画化。この日のプレミアのために世界各国から数十台のムービーと100台以上のカメラ、そして2,000人以上のファンが詰めかけた。

キャスト陣が颯爽と姿を現すと会場はヒートアップ! ミラは監督とのツーショットで登場。胸元を大胆に開き、セクシーな美脚が見え隠れするフェラガモのドレス姿で最愛の夫とレッドカーペットを闊歩する姿に思わずため息が…。続いてカジュアルなジャケットスタイルでオーリー(※オーランド)が現れると、女性ファンからの悲鳴のような歓声がわき起こり、たちまちオーリーは握手&サイン攻勢を受けた。

そんな中、日本代表で参加した檀さんは、たのめの白い着物姿で登場。カーペット上でミラと対面し、親しげに言葉を交わす姿が見られた。檀さんの印象を尋ねられたミラは日本からの取材陣に対し「彼女は日本のミレディよ。私たちは結構、違うタイプの人だと思うわ。彼女は素晴らしい女優さんだから、私が演じた役をきっと彼女の方が素敵に演じてくれると思うわ。日本語版を観たら『彼女のようにやればよかったわ!』ってきっと思うわね」とコメント。本作は今月22日(土)より東京で開幕する「東京国際映画祭」のオープニングを飾ることになっており、ミラの来日も決定している。ミラは「日本に行けるのをとても楽しみにしているわ」と日本のファンに向けて語りかけた。

同じく来日予定のダルタニアン役のローガンも「誰にでも楽しんでもらえる映画になってるから、どの年齢層の人にも楽しく観てもらえると思うよ。日本で会えるのを楽しみにしてるよ」とスマイル。

今回、初の悪役に挑戦し注目を集めるオーリーは「素晴らしい原作を基に、家族で観られるような面白い映画になるように作ったから、新しいスタイルの映画になっていると思うよ。3D映画だしね!」とこちらも甘い笑顔で作品をアピールした。

アンダーソン監督は本作について「日本のアニメから刺激を受けて作った映画」と明かし、「日本が大好きだから、東京国際映画祭で会えるのを本当に楽しみにしてるよ」と親日ぶりを強調した。

洋画作品の海外プレミアに初めて参加した檀さん。ミラとの対面を終え「素敵な方なので、お会いできて本当に嬉しいです」と満面の笑み。「この映画に対する期待度がすごく高いなというのを肌で感じました」と現地の熱気を伝えてくれた。

日本でのミラと檀さんのツーショット実現も楽しみなところ。『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』は10月28日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top