小雪、白雪姫の美貌を狙う悪の女王に! 『スノーホワイト』日本語吹き替え声優に挑戦

最新ニュース

『スノーホワイト』日本語吹き替え声優に挑戦する小雪さん、椎名桔平さん
  • 『スノーホワイト』日本語吹き替え声優に挑戦する小雪さん、椎名桔平さん
  • 『スノーホワイト』 -(C) 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.
誰もが知る名作グリム童話「白雪姫」を基に、主演クリステン・スチュワートを迎えてこれまでのイメージを一新させた“戦う”白雪姫を描くアクション・アドベンチャー大作『スノーホワイト』が6月15日(金)より公開される。このほど、本作の日本語吹き替え版でオスカー女優シャーリーズ・セロン扮する悪の女王の声優を小雪、さらにクリス・ヘムズワース扮するハンツマンの声優を椎名桔平が担当することが決定した。

いわゆる“王子様のキスを待つ”という白雪姫のイメージからの脱却を図り、CMディレクター出身の新進気鋭監督ルパート・サンダースが、強く美しい白雪姫のイメージを創り上げた本作。クリステン扮するヒロイン、スノーホワイトが戦う姿はもちろん、彼女を取り巻く個性的なキャラクターも見どころだ。中でも本作のヒール、永遠の若さと力を保つためスノーホワイトの心臓を執拗に狙う怖ろしき女王・ラヴェンナを演じるシャーリーズの変貌ぶりは圧巻! この悪の女王を、出産後間もない小雪さんが担当する。母親のイメージとは全く異なる狂気に満ちた演技に注目が集まるが、「今回の作品に登場する魔女は、美しく、強く、妖艶で、幼い頃何度も繰り返し見た『白雪姫』に出てくる魔女に比べ、どこか観る人を感情移入させてしまうような人間的な部分があるのではないかと思います」と小雪さん。「私がいままでに演じたことのないキャラクターなので、実際に吹き替えをするのがいまからとても楽しみです」と期待に胸膨らませる。

また、その女王・ラヴェンナと戦う術をスノーホワイトに教え、全身全霊で彼女を支える物語のキーマンとなるのが、『マイティ・ソー』で一躍注目を集め、『アベンジャーズ』の公開を控えるクリス・ヘムズワース扮するハンツマン。海外映画でのアフレコ初挑戦となる椎名さんは、「この作品の持つ閉塞感は、いまの日本に似ていると思います。闇の世界に幾筋もの光が差し込んでいく様は、観た人に勇気と希望を与えることでしょう。荒ぶる魂と優しき心を持った男。重要な役なので心して挑みたいと思います」と意気込みを語る。魔の手から逃げるスノーホワイトを守る逞しき男をどのように演じるのか? こちらも楽しみである。

『スノーホワイト』は6月15日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top