“悪の女王”演じる小雪、夫・松山ケンイチも「楽しんだら?」と背中押す

最新ニュース

『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
  • 『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
  • 『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
  • 『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
  • 『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
  • 『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
  • 『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
  • 『スノーホワイト』小雪&椎名桔平アフレコ会見
女優の小雪と俳優の椎名桔平が5月16日(水)、グリム童話の名作「白雪姫」のイメージを一新させるハリウッド映画『スノーホワイト』の日本語吹き替え版のアフレコを都内スタジオで行った。本作は『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートを主演に迎えて“戦う白雪姫”スノーホワイトの冒険を描くアクション大作だ。

小雪さんが務めるのは、オスカー女優のシャーリーズ・セロン演じる悪の女王、ラヴェンナ役。永遠の若さとパワーを維持するため、スノーホワイトの心臓を狙うという役柄で「喜怒哀楽が激しいキャラクターで、やりがいがある。セロンさん自身もきっとアニメ的な演技を楽しんでいたはず」。声を荒げるシーンも多いと言い「声が枯れかかったし、酸素不足でクラクラしてしまった」とふり返る。出産後の女優復帰作でもあり「夫が『いままでやったことない役だから、面白いんじゃない? 楽しんできたら』って言ってくれた」と夫・松山ケンイチも“悪の女王”の背中を押しているのだとか。

一方、椎名さんは洋画アフレコに初挑戦。女王と戦う術をスノーホワイトに教え、全身全霊で彼女を支えるエリック(演じるのは『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』のクリス・ヘムズワース)の声を担当している。「すでに俳優さんが演じているだけに、そこに声を乗せるのは難しい」と椎名さん。「ちょっとならず者な面もあるし、何より姫を助けるというのがカッコいいじゃないですか。楽しくやらせていただいた」と手応え十分だ。

1812年の原作誕生から200年を迎えた今年、『アリス・イン・ワンダーランド』のスタッフが新たな命を吹き込んだ『スノーホワイト』。ただキスを待つヒロインから、自らの手で未来を切り開くニューヒロインの冒険と挑戦に、小雪さんも「新しい視点で楽しめる。衣装やセットも非常に芸術的」と期待している様子。「それに悪の女王の人生や背景は、いままで描かれたことがほとんどないので、発見がありそう」とアピールしていた。

『スノーホワイト』は6月15日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top