協議離婚成立のケイティ・ホームズ、次回作ではシングルマザー役で脚本も共同執筆

最新ニュース

ボディーガードとニューヨークの街を歩くケイティ・ホームズ -(C) Startraks/アフロ
  • ボディーガードとニューヨークの街を歩くケイティ・ホームズ -(C) Startraks/アフロ
今月9日(現地時間)に協議離婚が成立したトム・クルーズとケイティ・ホームズ。6歳の愛娘・スリちゃんの親権をめぐる泥沼の戦いが予想されたが、むしろ愛娘のために素早い解決という手段を選んだ2人は、それぞれ新しい一歩を踏み出した。

トムは10日、カリフォルニア州ハイシエラで新作SF映画『Oblivion』(原題)の撮影に臨んだ。6月中はアイスランドで撮影が行われていたが、今週いっぱいは山間部でロケが行われるという。人里離れた場所に身を置くことで、これまでの出来事を見つめ直す機会になるかもしれない。

一方、ケイティは共同でプロデューサーと脚本執筆を務める新作『Molly』(原題)で、1人で娘を育てるヒロインを演じる。スリちゃんとニューヨークで新生活をスタートさせたばかりの彼女にこれ以上ぴったりの設定はないだろう。もっとも、ケイティとスリちゃんが暮らすのは寝室が3つある家賃が1万ドルとも1万2,000ドルとも言われる高級アパート。世の多くのシングルマザーの共感を得られる環境とは言い難い気もするが…。『Molly』は8月からニューヨークで撮影開始予定だ。



© Startraks/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top