クリスチャン・ベイル、コロラド州オーロラへ赴き、銃乱射事件被害者を見舞う

最新ニュース

コロラド州オーロラを慰問に訪れたクリスチャン・ベイル&サンドラ・ブラジック夫人 -(C) AP/AFLO
  • コロラド州オーロラを慰問に訪れたクリスチャン・ベイル&サンドラ・ブラジック夫人 -(C) AP/AFLO
『ダークナイト ライジング』のクリスチャン・ベイルが24日(現地時間)、同作上映中の映画館で銃乱射事件が起きたコロラド州オーロラを訪問、入院中の被害者たちを見舞い、事件現場近くで12人の犠牲者を追悼した。

クリスチャンを病室に迎えた男性のひとりはツーショット写真をFacebookにアップし、「ワォ!! 来てくれてありがとう、クリスチャン!! 素晴らしい人だ! いまも興奮してる!」と綴った。クリスチャンは病院のスタッフたちにも「みなさんにお礼が言いたくて、ここに来ました」と語り、握手して感謝の意を表したという。

クリスチャンと夫人は、事件が発生した現場近くに設けられたメモリアル・スペースにも足を運んだ。尊い命を失った12人を追悼する12の十字架が設置されたその場所に、クリスチャンは花を手向けた。黒のTシャツとジーンズ姿の彼に気づく人は少なく、また気づいた人も騒がず、そっとしていた。

インターネット上では事件発生直後から、クリスチャンに被害者を見舞ってほしいというキャンペーンが行われていたが、ワーナー・ブラザース映画は地元紙「The Denver Post」の取材に、クリスチャンの訪問は彼の意志で行ったもので、ワーナー・ブラザースを代表しての行動ではないと語った。医師のひとりは「彼の誠実さがはっきりと伝わってきました。彼はただ、『ありがとう』を言うためだけに来てくれたのです」と語る。



© AP/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top