「Mr.Children」、佐藤健&綾瀬はるかW主演の新作主題歌に!「伝説的な1曲になる」

最新ニュース

『リアル~完全なる首長竜の日~』の主題歌を務めることが決定した「Mr.Children」
  • 『リアル~完全なる首長竜の日~』の主題歌を務めることが決定した「Mr.Children」
  • W主演を務める佐藤健&綾瀬はるか『リアル~完全なる首長竜の日~』 -(C) 2013「リアル~完全なる首長竜の日~」製作委員会
  • 『リアル~完全なる首長竜の日~』の主題歌を務めることが決定した「Mr.Children」
佐藤健と綾瀬はるかのW主演に迎え、第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の原作を黒沢清監督が映画化した『リアル~完全なる首長竜の日~』。このほど、本作の主題歌を務めるのが国民的ロック・バンド「Mr.Children」による書き下ろしの新曲「REM」に決定したことが明らかとなった。

物語は、自殺未遂によって意識不明に陥った恋人を救うため、昏睡患者と意思疎通ができる“センシング”を使い最愛の人の意識の中に入っていく主人公の姿を描いたミステリアスなラブストーリーだ。

今回主題歌を務めることとなった「Mr.Children」は、これまでにも『どろろ』『ワンピースフィルム ストロングワールド』『僕等がいた』など様々なジャンルの映画作品で、その世界観に沿った主題歌と共に映画を大ヒットに導いてきた。

今回は映画に描かれる“愛する人の意識に入っていく衝撃やとまどい”、“仮想と現実を行き来する極限の愛”を独自の世界観で構築した衝撃作の1曲となっているようだ。

この楽曲を完成させた「Mr.Children」メンバーの桜井和寿は、「この作品と出会えたことで潜在意識に眠っていた不思議な感情が“新たな音”となり目を覚ましました。感謝すると共に、この映画が多くの人の心を揺さぶる、そのお手伝いを、少しできれば嬉しく思います」とのコメントを寄せている。

また、「中学生の頃から『Mr.Children』さんの大ファンだった」と語る主演の佐藤さんは、「初めて曲を聴いたときは、こんなミスチル聴いたことないと思うくらい、攻めていて、カッコいい曲だと思いました」と大興奮だ。

本作のプロデューサーの平野隆氏も楽曲を聞き、その驚きの仕上がりにいまだ興奮冷めやらぬといった様子だ。「『Mr.Children』といえばラブソング、日本一のバラードを歌うバンド、というイメージがあると思うけど、この曲は彼らがロックバンドであるということを知らしめる“伝説的な1曲”になると思います。『REM』は、『Mr.Children』史上、最も激しいロックであることはもちろん、日本のロックシーンでは聴いたことのないような曲」と明かしている。

人気絶頂の佐藤さんやNHK大河ドラマ「八重の桜」で活躍中の綾瀬さん、さらに中谷美紀、オダギリジョー、小泉今日子ら豪華実力派俳優陣の参加に加えての、「Mr.Children」の楽曲提供、鉄壁の布陣で贈る本作に期待感は高まるばかりだ。

『リアル~完全なる首長竜の日~』は6月1日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top