井浦新、男優賞で「若松監督の思いに報いることができた」 女優賞は前田敦子に!

最新ニュース

井浦新/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 井浦新/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 前田敦子/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 井浦新/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 前田敦子/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 前田敦子/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 大西信満/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 村上淳/「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
  • 「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式
今年で22回目を迎える映画賞「日本映画プロフェッショナル大賞」の授賞式が6月15日(土)に新宿テアトルで開催され、「主演女優賞」を受賞した前田敦子、「主演男優賞」の井浦新ら受賞者たちが一堂に会した。

1992年に創立された同賞は映画ジャーナリストや劇場、配給関係者、プロデューサーら映画の“プロ”たちを審査員に迎え、選考に当たっては評価が高いものの、既成の映画賞では受賞に至らなかった作品、様々な理由で興行面で結果を出せなかった作品の中から「ベスト10」と「個人賞」および、「特別賞」を授与するもの。

夜22時前に開演となり、授賞式後は受賞作をオールナイト上映するという深夜のイベントとなるが、多くの報道陣そして熱心な映画ファンが会場に足を運んだ。

『苦役列車』で原作小説にはない映画オリジナルのヒロインを演じ、女優として開眼したと高い評価を受け、「主演女優賞」に輝いた前田さんは黒いドレスで登壇。「映画をこよなく愛する人に選んでいただいた賞ということで嬉しいです。私はまだまだ(女優の)卵ですが、これからも胸を張って『映画が好き!』と言えるようにありたい」と語る。

さらに、本作で山下敦弘監督と出会ったことを「一番大きな出会い」と語る前田さん。この日のオールナイト上映では「MUSIC ON! TV」のスペシャルドラマで星野源の音楽をベースに、山下監督がメガホンを握った「秋の日のタマ子」「冬の日のタマ子」「春の日のタマ子」が上映されたが、現在は「夏の日」バージョンを撮影中とのこと。「(監督と)出会って2年目ですが、ようやく距離が近くなってきました。諦めずに向かい合ってくれるのが嬉しい」と感謝の思いを口にする。今後の映画出演については、「選ぶ立ち位置にはいないので、呼んでいただいて、私にと言ってもらえるなら何でも頑張りたいです」と挑戦を誓っていた。

小説家・政治活動家として活躍した三島由紀夫を演じた『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』、若くして北朝鮮に渡り、病気の療養で日本に帰国し家族と再会した青年を演じた『かぞくのくに』で「主演男優賞」を受賞した井浦さんは、「去年の映画の中でも思い入れがあり、やりがい、向き合いがいのあった2つの作品で受賞できて嬉しい」と受賞の喜びを語る。特に『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』に関しては、昨年、急逝した若松孝二監督から常々「三島由紀夫役で『主演男優賞』を獲らせたい」と言われていたそうで、「思いに報いることができて嬉しい」と誇らしげに語った。

同作で共演した大西信満がゲストとして花束を渡し、授賞式が行われた新宿テアトルを「若松監督のホームグラウンド」と語ったが、いくつもの若松作品を上映してきた同劇場を井浦さんも「何度も監督と訪れたし、僕にとっても聖地」と頷いた。井浦さんは、若松監督へ贈られた「監督賞」も代理で受け取ったが、監督が愛用していたマフラーを手に登場する粋なはからいも見せた。

独立プロダクションを設立し、丁寧に地方の劇場を回り観客と語り合った若松監督の活動に触れ、「その功績を見直すべきだし、学ばなくてはいけない」と語り、「残された映画人ひとりひとりが見直し、映画の灯を消さないように一丸となって活動し続けていくこと」を訴えた。

「作品賞」に輝いたのは、インディペンデント作品ながら口コミで話題を呼んで異例の3部作となった『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』。入江悠監督が登壇したが、花束ゲストとして奥野瑛太、駒木根隆介らを始めとする出演陣が大挙して乱入し、壇上で劇中さながらのラップを披露し観客の喝采を浴びた。

入江監督は「日本プロフェッショナル大賞」の受賞に、「インディーズで始まったので、一番“プロフェッショナル”から遠いと思ってた」と語り、受賞作にインディ作品が名を連ねたことに触れ、「画期的だと思います。今日も『何が東宝だ!』と言いながらビール飲んでました!」と毒舌まじりに喜びを口にした。『SR』シリーズが3部作で幕を閉じたようにも見えるが、さらなる続編の可能性を尋ねられると、「やりたかったけど(当時はインディーズだった)俳優陣が事務所に入り始めちゃって…」と苦笑しつつ、「また再結成したい」と意欲を見せた。

【第22回日本プロフェッショナル大賞 受賞一覧】

■作品賞:『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』
■主演女優賞:前田敦子(『苦役列車』
■主演男優賞:井浦新(『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』『かぞくのくに』
■監督賞:故・若松孝二(『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』『海燕ホテル・ブルー』

■新進プロデューサー賞:杉野希妃(『おだやかな日常』)
■新人監督賞 :『Playback』(三宅唱監督/主演・村上淳)
■特別賞:大谷直子(『希望の国』
■特別賞:銀座シネパトス
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top