ケイトもジョージも見事にモノクロの作品世界にとけ込んだ『さらば、ベルリン』

ポツダム会談を控えた第2次世界大戦後のベルリンを舞台に、ジョージ・クルーニー演じるアメリカ人従軍記者・ジェイクと、ケイト・ブランシェット演じる美貌のファム・ファタール、レーナのドラマが展開。大戦前は愛し合う仲だったジェイクとレーナだが、彼女の現在の恋人である駐留米兵・タリー(トビー・マグワイア)が殺害された事件をきっかけに物語が動いていく。

最新ニュース コラム
『さらば、ベルリン』 -(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『さらば、ベルリン』 -(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『さらば、ベルリン』 -(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『さらば、ベルリン』 -(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.
ポツダム会談を控えた第2次世界大戦後のベルリンを舞台に、ジョージ・クルーニー演じるアメリカ人従軍記者・ジェイクと、ケイト・ブランシェット演じる美貌のファム・ファタール、レーナのドラマが展開。大戦前は愛し合う仲だったジェイクとレーナだが、彼女の現在の恋人である駐留米兵・タリー(トビー・マグワイア)が殺害された事件をきっかけに物語が動いていく。

ポイントとなるのは、40年代の名作映画を目指したというモノクロームのクラシカルな映像と、戦後ベルリンにうごめく陰謀劇をとらえたサスペンスフルな展開。ジェイクとレーナの一筋縄ではいかないロマンスも絡み合い、スティーヴン・ソダーバーグの“名画大好き心”が十二分に理解できる作りとなっている。

モノクロ映像の中の白黒ジョージはやはり格好よく、たとえ彼が40年代に生きる人間だったとしても俳優として成功したであろうことを立派に証明。ただし、「昔の映画のヒーローはタフなほどケンカに弱かった(byジョージ・クルーニー)」というクラシック・スタイルの作品であるだけに、謎めいた美女の裏事情に目一杯振り回され、時には敵たちからぎゅうぎゅうと踏みつけられたりもするという、少々情けなくもお約束の運命が主人公には待ち構えている。また、ツンと顎を突き出したケイトのファム・ファタールぶりもお見事。白黒ジョージ共々、完璧なまでに作品世界に溶け込んでいる。

《text:Hikaru Watanabe》

特集

関連記事

特集

page top