小栗旬がカラスからペンギンに変身? 『サーフズ・アップ』ジャパンプレミア

夢を追う新人サーファー、イワトビペンギンのコディが、ライバルとの戦いや仲間との出会いを経て成長していく姿を、リアルなCG映像で描き出したアニメーション『サーフズ・アップ』。12月15日(土)の公開に先駆けて本作のジャパンプレミアが開催され、小栗旬に山田優、清水ミチコ、マイク真木という本作の日本語吹き替え版キャストが集結した。南国の海をイメージしたような青いカーペットが敷かれた会場で行われた“ブルーカーペット・イベント”には本物のペンギンも一緒に登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

最新ニュース

『サーフズ・アップ』ジャパンプレミアに登場した日本語吹き替えキャスト陣
  • 『サーフズ・アップ』ジャパンプレミアに登場した日本語吹き替えキャスト陣
  • ブルーカーペットで本物のペンギンと対面
  • 装飾に置かれたサーフボードを「持って帰りたい!」
夢を追う新人サーファー、イワトビペンギンのコディが、ライバルとの戦いや仲間との出会いを経て成長していく姿を、リアルなCG映像で描き出したアニメーション『サーフズ・アップ』。12月15日(土)の公開に先駆けて本作のジャパンプレミアが開催され、小栗旬に山田優、清水ミチコ、マイク真木という本作の日本語吹き替え版キャストが集結した。南国の海をイメージしたような青いカーペットが敷かれた会場で行われた“ブルーカーペット・イベント”には本物のペンギンも一緒に登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

コディの声を担当した小栗さんは、ブルーカーペットでの本物のペンギンとの対面に「かわいいですね」と笑顔を見せた。映画については「非常に爽やかで、寒い冬を吹っ飛ばしてくれるような熱い映画です」と語ってくれた。小栗さん自身、学生時代はよくサーフィンに行ったという。いまでは、けがをしてはいけないということもあって「完全に陸サーファーです(笑)」とのことだが、この映画に参加したことをきっかけに「またぜひやりたいです」とやる気が再燃した模様。この日の司会を務めたパックン(本作の日本語版の監修を担当)は、なぜか映画から微妙にずれた質問を次々と繰り出す。今回はペンギンを演じたが、自分を動物に例えるなら何? この問いに小栗さん、相当困った様子。すかさず清水さんが「カラスでしょ? そういう映画出てなかった?」と助け舟を出すと会場は笑いに包まれた。ペンギンを意識したという服装の清水さん。アニメの声優は「昔『ちびまる子ちゃん』で山口百恵の役で“ありがとう”と言った以来で今回が2度目」と言うが、今回はコディの母親を演じた。「彼女はこれからサーフィンに行くコディに『大きな波が来たら逃げるのよ』と言ったりする素敵な母親なんです。笑えるところがたくさんあるのでぜひ楽しんでほしいです」と笑顔で語ってくれた。

やはりサーフィンと言えば忘れてはならないのがこの人、マイク真木。パックンからの質問攻勢などおかまいなしに「みんな海は好きかい? 違うんだな…。海に好かれないとダメなのさ」と渋くキメると場内からは大きな拍手が。だが登壇前に控え室でこのセリフを繰り返し練習していたとか…。

山田さんは、ジェンツーペンギンのライフガード、ラニの声を担当した。「映像もきれいですし、音楽も心地いい。愛にあふれた温かい映画です」と作品をアピール。コディはサーフィンに打ち込むけど青春時代に山田さんが打ち込んだスポーツは? という問いに山田さんは「一度、ホノルルマラソンに挑戦し、完走しました。ひざとかアキレス腱とかおかしくなったけど、『私、この先なんでもできる!』っていう気持ちになりましたね」と語ってくれた。山田さんはいま、サーフィンを始めようとしているのだという。これを聞いた真木さんが「おれが教えてやるよ」とコーチを買って出る。さらに真木さん「じゃあおれが“いろんなこと”教えてやるよ」と大人の誘惑。これには山田さんではなく清水さんが「いや、サーフィンだけでいいから」と冷静な突込みを入れた。小栗さんが「本物じゃないの? と思うようなきれいな海の映像も魅力的ですし、自然と戯れる楽しさを教えてくれる映画です」と自信を持ってアピールする『サーフズ・アップ』は12月15日(土)よりスカラ座ほか全国東宝洋画系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top