「“別れ”をコミカルに描きたかったの」ジュリー・デルピー監督デビュー作を語る

その美しさと素晴らしい才能で、ジャン=リュック・ゴダールやレオス・カラックスなど名だたる監督たちを魅了してきたフランス人女優、ジュリー・デルピー。卓越した演技力に加え、イーサン・ホーク共演の『ビフォア・サンセット』の脚本を手がけアカデミー賞脚色賞にノミネートされるなどの多才さを持つジュリーが監督・脚本・製作・編集・音楽を担当し、かつ主演女優としてもクレジットされている『パリ、恋人たちの2日間』。一人六役という大きなプロジェクトとなった本作について、ジュリーに話を聞いた。

最新ニュース インタビュー
『パリ、恋人たちの2日間』ジュリー・デルピー photo:HIRAROCK
  • 『パリ、恋人たちの2日間』ジュリー・デルピー photo:HIRAROCK
  • 『パリ、恋人たちの2日間』ジュリー・デルピー photo:HIRAROCK
  • 『パリ、恋人たちの2日間』ジュリー・デルピー photo:HIRAROCK
その美しさと素晴らしい才能で、ジャン=リュック・ゴダールやレオス・カラックスなど名だたる監督たちを魅了してきたフランス人女優、ジュリー・デルピー。卓越した演技力に加え、イーサン・ホーク共演の『ビフォア・サンセット』の脚本を手がけアカデミー賞脚色賞にノミネートされるなどの多才さを持つジュリーが監督・脚本・製作・編集・音楽を担当し、かつ主演女優としてもクレジットされている『パリ、恋人たちの2日間』。一人六役という大きなプロジェクトとなった本作について、ジュリーに話を聞いた。

本作は、フランス人フォトグラファーのマリオンとアメリカ人のインテリアデザイナー、ジャックという、付き合って2年になるカップルが主人公だ。
「この一組のカップルが、48時間という短い間に別れてしまうとしたら、どんな別れ方になるかなと思ったのが、そもそもの始まりなの。“別れ”ってものすごく辛いテーマなんだけど、それをコミカルに描きたいと思ったのよ。何年か前に女友達とパリで過ごしたときに、ビックリするくらい運の悪いことばかりが続いたことがあったの。仲良しの友達と一緒だったから、別に何ともなかったんだけど、『これが恋人と一緒だったら、どうなってたんだろう』って思ったわ」。

そうして脚本を書き始めたのは2005年の12月から翌年の5月にかけて。
「もちろん最初から自分で監督しようと思って書いたのよ。ある程度、この企画が映画として実現可能だなと分かった段階で、具体的にシナリオとして形を作っていったわ。ストーリーの大筋は何年も前から自分の頭の中に出来ていたもの。そこにいろんな小さいシーンを入れ込んでいった感じね。だから、シナリオそのものは、私の頭の中に浮かんできたいろんなアイディアみたいなものをパッチワークのように繋いでいって作り上げたようなものよ」。

ジュリー演じるマリオンとアダム・ゴールドバーグ演じるジャックの会話の妙が魅力的な本作。ジュリーは「いつも頭の中に会話が行き来してる」のだそうだ。
「その会話を映画にするというのが、私にとってすごく面白いことなの。私自身、会話を通して、人とコミュニケーションを取るということにすごく興味を持っているから。それにこの映画はコメディよ。だから言葉のやりとりがとても重要なの。この二人、始終しゃべっているけど、コミュニケーションが上手くいっているかといえば、そうでもないかもしれないわよね」。

そうイタズラっぽく微笑むジュリーだが、次回作も監督と主演を兼ねている。
「『The Countess』(原題)という作品よ。16世紀に実在したエリザベス・バトリーという永遠の若さに取り憑かれた女性の話よ」。

「私がキャスティングされているから、という理由で出資してくれた人もいるの」など、製作裏事情まであっけらかんと話してくれたジュリー。女優として、監督として、今後ますます美しく輝いてくれるだろう。

《photo:Hirarock》

特集

関連記事

特集

page top