パート2に上海映画祭、ますます広がりをみせる『築地魚河岸三代目』いよいよ公開!

築地市場を舞台に、一人のエリートサラリーマンが日常生活に追われ、忘れかけていた大切なものを思い出していくハートフルな人情物語『築地魚河岸三代目』。同名のロングセラーコミックを原作に映画化された本作が、6月7日(土)についに初日を迎え、主演の大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、森口瑤子、伊東四朗、松原信吾監督が舞台挨拶に登壇した。

最新ニュース レポート
『築地魚河岸三代目』初日舞台挨拶にて(左から)森口瑤子、伊原剛志、大沢たかお、田中麗奈、伊東四朗、松原信吾監督
  • 『築地魚河岸三代目』初日舞台挨拶にて(左から)森口瑤子、伊原剛志、大沢たかお、田中麗奈、伊東四朗、松原信吾監督
  • 『築地魚河岸三代目』初日舞台挨拶にて 大沢たかお
  • 『築地魚河岸三代目』初日舞台挨拶にて 田中麗奈
築地市場を舞台に、一人のエリートサラリーマンが日常生活に追われ、忘れかけていた大切なものを思い出していくハートフルな人情物語『築地魚河岸三代目』。同名のロングセラーコミックを原作に映画化された本作が、6月7日(土)についに初日を迎え、主演の大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、森口瑤子、伊東四朗、松原信吾監督が舞台挨拶に登壇した。

「今日は朝早くからありがとうございます」と開口一番挨拶したのは、主人公・赤木旬太郎を演じた大沢さん。「今日はマスコミの人もいっぱいいて、誰か何かしたのかなと思ったんですけど(笑)」と会場の笑いを誘った。「こうした喜劇に出演するのは初めてで、自分としては新たな挑戦となりました。ですが、過去の作品をふり返っても代表作の一つになったと感じています。実は、『パート2』が決まって、今年の秋に撮影ですので、今日観て気に入ってくださったら、『パート2』の方も楽しみにしていてください」。続編を含め、本作への思い入れの強さが感じられるコメントだ。

旬太郎が出入りする仲卸「魚辰」の大黒柱・英二役の伊原さん。「また良い作品と良い役にめぐり逢うことが出来ました。こういう出会いは、これからも大切にしていきたいなと思っております。温かい目でこの映画を見守ってください」と、英二さながらに言葉は少ないが心のこもった挨拶をした。


そんな英二に密かに想いを寄せる千秋を演じた森口さんが、「本当にたくさんのみなさんに来ていただいて嬉しく思っております。みなさん作品はいかがでしたか?」と会場に問いかけると、大きな拍手が。それを聞くと、壇上の6人は満面の笑顔になった。「この登場人物にもう一度会いに行きたいなと思っていただける映画になっていたら嬉しいです」と挨拶した。

「魚辰」の二代目・徳三郎を演じた伊東さんは、「先日、三谷幸喜さんにあったときに、あちらの映画の招待券をもらったんで(笑)、すぐにこっちも返しておきました」と爆笑エピソードを披露。「こういうことは勝つだとか負けるとかいうことではないんですよ。最近は、みなさんが日本映画に足を運んでくれるようになりましたので、この土曜日をきっかけに、またたくさんのみなさんが日本映画を観てくださることを願っております」と、にこやかに作品をアピールした。

旬太郎の恋人であり、徳三郎の娘でもある明日香役の田中さん。「この作品は登場人物の一人一人が、それぞれ悩みを抱えながらも、一生懸命生きていて、生きるってこういうことだ、人間ってこういうことだ、と心が温まる作品だと思います。参加していて、すごく楽しかったですし、『パート2』もすごく楽しみにしています。末永く愛される映画になると思います」と、本作について解説した。

こうしたベテラン俳優たちをまとめ上げた監督は、「我々作り手は、初日というのはものすごくイヤなものなんです」と、いきなりネガティブなコメント。「作品が出来上がってそれで終わりじゃなくて、みなさんに観ていただいて始めて作品が一人歩きするわけです。みなさんが来てくださるかどうか不安で不安で、ガラガラの劇場内という夢を本当に観るんです。ですが、今日はこんなにたくさんの方に来ていただけて、本当に嬉しいです。ここから駆け下りて、みなさん一人一人を抱きしめたいような気持ちです」と、初日が満員の喜びを語った。

嬉しいニュースは「パート2」の決定だけではない。本作は6月14日から中国・上海で開催される第11回上海映画祭のコンペ部門への出品も決定しており、そちらの結果も気になる。大沢さんが「日本の良さみたいなものが海外の人にも伝わって、何か感じてもらえたらいいなと思います。僕も上海に行くので、みなさんの反応もすごく楽しみにしています」と話す『築地魚河岸三代目』は、丸の内ピカデリー2ほかにて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top