TKO、松田龍平にあやかり俳優の座狙い? 『蟹工船』全国キャンペーン中

大不況の波が押し寄せる中、昨年多くの共感を集めたプロレタリア文学の真骨頂「蟹工船」。小説の発表から80年のときを経て、異才SABUによる同名映画化が7月4日(土)より公開される。これに先駆けて、6月8日(月)、全国キャンペーン中の本作の記者会見が大阪・中央電気倶楽部にて行われ、SABU監督と主演の松田龍平、そしてTKOの木下隆行と木本武宏が出席した。

最新ニュース レポート
『蟹工船』大阪にて会見(左より)SABU監督、TKO(木本武宏、木下隆行)、松田龍平
  • 『蟹工船』大阪にて会見(左より)SABU監督、TKO(木本武宏、木下隆行)、松田龍平
大不況の波が押し寄せる中、昨年多くの共感を集めたプロレタリア文学の真骨頂「蟹工船」。小説の発表から80年のときを経て、異才SABUによる同名映画化が7月4日(土)より公開される。これに先駆けて、6月8日(月)、全国キャンペーン中の本作の記者会見が大阪・中央電気倶楽部にて行われ、SABU監督と主演の松田龍平、そしてTKOの木下隆行と木本武宏が出席した。

SABU監督は「現場はすごいきつかったですが、マスコミ試写が毎回満席になり、毎回20〜30人を帰さねばならないほど盛況。これはいけるぞ、という手応えを感じています」と自信たっぷりに挨拶。本作で、過酷な環境に置かれる労働者のリーダーを演じた松田さんも、「過酷な状況の中で、自分自身もすごく前向きになれました。 映画もパワーがあり、みなさんも楽しんでいただけるのではないでしょうか」と本作の魅力を語った。

また、今回映画初出演を果たしたTKOは、SABU監督曰く、その苦労顔が出演の決め手となったというが、木下さんは「これはドッキリやな、どっかに穴があるんちゃうか、パイを投げられるんじゃないか? と思いました。(芸歴)18年、東京進出5年目、地道にがんばって良かったって思います。過去の苦労した感じがリアルな行動として出ていると思います」と、芸人としてのこれまでの長い道のりと自身の役どころを重ね合わせた。一方、相方の木本さんに今後の俳優活動の意思を尋ねると、「松田さんが映画のオファーを受けるときは、『TKOと一緒じゃなきゃヤダって』って言ってほしいです」と、俳優の先輩である松田さんに乗っかる形での俳優活動続行に前向きな姿勢を示し、会場を沸かせた。

そして最後に、SABU監督は作品について「いい言葉をたくさん使ってます。子供たちにも困ったら『蟹工船』を 観ろ! と言える出来です。年齢に関係なく楽しめると思いますのでぜひ、みなさんの言葉で記事を書いてください」と報道陣に力強いコメントを残した。

『蟹工船』は7月4日(土)よりシネマライズ、テアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top