バンデラス、ネコに囲まれヒットを確信? ハリウッドで“ネコ”限定プレミア開催

最新ニュース

『長ぐつをはいたネコ』キャット・プレミア -(C) Sam Comen/Paramount
  • 『長ぐつをはいたネコ』キャット・プレミア -(C) Sam Comen/Paramount
  • 『長ぐつをはいたネコ』キャット・プレミア -(C) Sam Comen/Paramount
  • 『長ぐつをはいたネコ』キャット・プレミア -(C) Sam Comen/Paramount
  • 『長ぐつをはいたネコ』キャット・プレミア -(C) Sam Comen/Paramount
昨年、4作にわたり続いたシリーズの完結を迎えたアニメーション『シュレック』シリーズ。個性的なキャラクターたちの中で、主人公シュレックを差し置いて一番人気を集める“長ぐつをはいたネコ”を主人公にした3Dアドベンチャーが誕生! 10月28日の全米公開に先立ち、ハリウッドにあるパラマウントスタジオで、映画にちなんだネコ限定“3Dキャット・プレミア”が開催され、主役の声優を務めるアントニオ・バンデラスが錚々たる顔ぶれのネコたちと一緒に本編を鑑賞した。

飼い主を求める捨て猫のようなウルウルの視線で敵を惑わすのが得意の武器であり、『シュレック』随一のクールキャラでもある、長ぐつをはいたネコ。本作では、シュレックと出会うずっと前の彼の知られざるルーツが描かれており、孤児院で一緒に育った幼なじみのハンプティ・ダンプティとフワフワの肉球が武器のメスネコキティと共に、幸せをもたらす伝説の金の卵を求め大冒険を繰り広げる。

シリーズに続き、声優を務めるアントニオ・バンデラスと今回プレミアに参加したのは、人間ではなく“ネコ”のみ。スタジオに敷かれたレッドカーペットには、“レオナルド・ディカトリオ”、“キャット・ブランシェット”、“ロバート・ミャウニー・Jr”といったハリウッド(?)のネコスターたちが一堂に会し、最後にアントニオが登場した。その後、ネコたちは専用の3Dメガネを装着してしっかりと映画を鑑賞、「昼寝をしないで映画を観に来て良かったわ」と揃って満足のコメントを寄せていた。

この粋なプレミアでネコたちに囲まれての鑑賞を終えたアントニオは、「映画の主役であるネコたちと一緒に観れて光栄だよ。この分だと、アメリカ中のネコが映画を観にきてくれそうだから、予想している興行収入は考え直した方がよさそうだね。人間だと1つの座席に1人しか座れないけど、彼ら(ネコ)は私たちの席の半分のスペースでOKだからね」と冗談を交えながら、「このプレミアは完璧だった!」と満足げな表情で締めくくり、これから開催される“人間用”のプレミアへと弾みをつけた。

映画『長ぐつをはいたネコ』は2012年3月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top