“優秀主演男優”大泉洋も11歳の少女の感動的なコメントに脱帽!

最新ニュース

『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
  • 『しあわせのパン』“おもてなし”試写会
映画『しあわせのパン』の試写会が1月17日(火)、都内で開催され、主演の原田知世と大泉洋、三島有紀子監督が舞台挨拶に登壇した。

NHKでドキュメンタリーを手がけてきた三島監督が、主題歌にもなっている忌野清志郎と矢野顕子による楽曲「ひとつだけ」にインスパイアされて書き上げた物語を映画化。洞爺湖のほとり・月浦でパンカフェを営む夫婦と店に訪れる人々の交流が描き出される。

昨日発表された日本アカデミー賞で、大泉さんは本作と同じく地元・北海道を舞台にした『探偵はBARにいる』で優秀主演男優賞を獲得! 客席から祝福の拍手と歓声がわき起こると、大泉さんは「挨拶がしにくくなりましたね」と照れ笑い。

この日は“おもてなし試写会”と銘打って、原田さんと大泉さんはサプライズで会場入り口で観客を出迎えたが、原田さんは「人は驚いたとき、二度見するんですね(笑)。イタズラしたような気分でした」とニンマリ。大泉さんは「楽しい雰囲気になるかと思ったらただの“ドッキリ”になってましたね」と嬉しそうにふり返った。

三島監督は2人を夫婦役で起用したことについて「原田さんは私にとって夜空に浮かぶ月のような人。みんなを優しく照らしてくれます。大泉さんはごらんの通り面白い方ですが、実は非常に細やかで繊細な方。(2人が演じた)水縞夫婦にピッタリと心配せずに撮影に入りました」と称賛を送る。

さらに監督は、2人の距離を縮めるために撮影中についたある“嘘”を告白。「2人が手と手を取り合うカットがあったと思いますが、それは最初から使うつもりはなかったけど、仲良くなってもらうためにそうしてもらったんです」。大泉さんは「ありがとうございます。何も言われてないのに、僕から触ることはできないので(笑)」と原田さんとのボディタッチに感謝。ちなみに撮影スタッフはみんな原田さんのファンだったということで、大泉さんが彼らの怒りを買うことも…。監督は「スタッフは(大泉さんに対し)『知世さんに近づくな!』と思ってた(笑)。プロデューサーも私の後ろで『何してるんだ!』ってつぶやいてました」と明かした。

この日は、劇中の秋のエピソードに出演している11歳の八木優希も来場し、映画にちなんで巨大なパンを舞台上に届けた。大泉さんとの共演の感想を尋ねられた優希ちゃんは「面白い話をしてくれたし、ホテルの近くのおいしいお店を教えてくれました」と微笑んだ。大泉さんは優希ちゃんに「ほら、一緒に四つ葉さがしもしただろ?」と小声でけしかけ、イメージアップを画策し会場の笑いを誘っていた。また、同時期にドラマでも共演していたという原田さんについては「お話ししやすくて、一緒にいたくなる感じでした」と語った。

最後の締めの挨拶でトリを務めた優希ちゃんは「私も映画を見せてもらって、それまで『いろんなものがほしい』と思ってたんですが、そんなにいろんなものはいらない。家族でいるだけで幸せなんだなと思いました」と大人顔負けのコメントを口にし、これには原田さんも感動しきり。大泉さんは「昨日、冷蔵庫をもう一つ欲しいって思ったけどやめます! 嫁が『野菜が入んないからあんたの酒を…』とか言うので、じゃあ買えばいいのかって思ってましたが要りません」と11歳の少女の言葉にすっかりやられていた。

『しあわせのパン』は1月21日(土)より北海道にて先行上映、1月28日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top