阿部寛、東京・日本橋に凱旋!「第二の故郷」だと感謝しきり

最新ニュース

『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』公開記念イベントにて
  • 『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』公開記念イベントにて
  • 『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』公開記念イベントにて
  •  『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』公開記念イベントにて
俳優の阿部寛が1月22日(日)、東京・中央区日本橋で開催された主演作『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』の公開記念イベントに、共演した新垣結衣とともに出席した。

同地は、物語の幕開けを告げる殺人事件が発生する場所。撮影には日本橋に暮らす人たちが数多く協力しており、阿部さんも「差し入れをいただいたり、本当に心強かった。こうして街のみなさんが見守ってくださったおかげで、素晴らしい作品に仕上がった」。連続ドラマ「新参者」の舞台となった人形町も含めた日本橋エリアを“第二の故郷”だと語り、感謝しきりだった。

東野圭吾の人気連作である加賀恭一郎シリーズの1作を、連続ドラマ「新参者」、スペシャルドラマ「赤い指」に続いて映画化。胸を刺され、日本橋の翼のある麒麟像の前で息絶えた男の事件の謎に、日本橋署の敏腕刑事・加賀が挑む。

阿部さんは「よりシンプルで濃い人間ドラマを表現したかったし、今回新たな可能性を感じた」と加賀恭一郎のスクリーンでの活躍に手応えたっぷり。「きっと東野さんが日本橋を舞台にした新しい物語を書いてくださるはず。そのときはまたみなさんにお会いしたい」とさらなる新展開に、期待を寄せていた。

一方、新垣さんは「撮影は深夜から朝方が多かったので、日本橋はとても神秘的だなって。その後、フォトブックの撮影で昼間に来たんですけど、今度は人がたくさんいて『あぁ、日本の道のスタート地点なんだな』って思いましたね」とすっかり日本橋がお気に入りの様子。容疑者の恋人という難しい役どころでの出演、そして阿部さんとはドラマ「ドラゴン桜」以来6年ぶりの共演となり「阿部さんの眼差しに負けそうでした」。それでも「当時(6年前)はできなかったお芝居のやり取りは、今回はちゃんとできた気がして、本当にいい時間でした」と感慨深げ。そんな新垣さんの“成長”に、阿部さんも目を細めていた。

『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』は1月28日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top