向井理「場違い承知」と恐縮しきり 『麒麟の翼』ヒット御礼にサプライズ登壇

向井理「場違い承知」と恐縮しきり 『麒麟の翼』ヒット御礼にサプライズ登壇

最新ニュース
『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』大ヒット御礼舞台挨拶
向井理「場違い承知」と恐縮しきり 『麒麟の翼』ヒット御礼にサプライズ登壇

俳優の向井理が2月13日(月)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』の大ヒット御礼舞台挨拶にサプライズ登壇。客席から大歓声を浴びながら、主演を務める阿部寛に花束を手渡した。「場違いは承知していますが、大ヒットおめでとうございます」と恐縮しきりの向井さん。実は今回のサプライズ、向井さんがほんの一瞬、映画本編に登場していることから実現。

東野圭吾の人気連作である加賀恭一郎シリーズの1作を、連続ドラマ「新参者」、スペシャルドラマ「赤い指」に続いて映画化。向井さんは「新参者」で母親を殺されてしまう売れない役者・清瀬弘毅役で出演していた。そして、今回の劇場版では、所属する劇団の公演が決定し、その告知を行うポスターに向井さんの姿が確認できるのだ。喫茶店「黒茶屋」のシーンなので、まだ観ていない方はもちろん、すでに鑑賞した方も確認してみては?

向井さんはポスター撮影のために、わざわざ現場入り。「誰よりも早く現場に行って、15分でクランクアップしました(笑)」とやはり恐縮しながらふり返った。一方の阿部さんは「こんなすごい人になるなんて。もちろん予感はしていましたが…。いろんな顔を持った役者さんだから、これからもっとすごくなるはず」と向井さんにエールを送っていた。

舞台挨拶には、新垣結衣、溝端淳平、土井裕泰監督が同席。公開から2週間で動員86万3,000人、興行収入10億5,000万円を記録する大ヒットで(2月12日時点)、「数字としてはふわっとしていて、実感がわかないが、映画の公開後に舞台挨拶に立つ機会をいただけたのは、本当に嬉しいこと」(新垣さん)、「京都の実家(の家族)も、もう3回くらい観てくれた。いろんなテーマが含まれているので、2度、3度と楽しめる。記録だけではなく、記憶に残る作品になれば」(溝端さん)。阿部さんもこの大ヒットにご満悦で、「来週あたり、僕も映画館に観に行きたい。隣の席に僕がいたら…ぜひ気軽に声をかけてください」とアピールしていた。

『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top