AKB48篠田麻里子、“イイ女の条件”は…美貌、気品、まかない料理?

最新ニュース

『TIME/タイム』 篠田麻里子
  • 『TIME/タイム』 篠田麻里子
  • 『TIME/タイム』 -(C) Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『TIME/タイム』 篠田麻里子
  • 『TIME/タイム』 篠田麻里子
  • 『TIME/タイム』 篠田麻里子
人気グループ「AKB48」の篠田麻里子が、話題のアクション・サスペンス『TIME/タイム』の日本語吹替え版で、ヒロイン・シルビア役の声を担当した。舞台は余命の時間が通貨とされる近未来。「25歳で全ての人間の成長が止まる」という独創的な設定にちなみ、いま最も輝く25歳の篠田さんに白羽の矢が立ったのだ。今後、ますます魅力的な女性へと“成長”を遂げるはずの彼女が、本作を通して考える“イイ女の条件”を語ってくれた。

わずかな余命と共に生きるスラム街の青年・ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)と、金持ちならぬ“時間持ち”のセレブ一族に生まれたシルビア(アマンダ・サイフリッド)が、運命的な出会いを機に、時間を搾取する社会システムの真相を暴こうと奮闘する。「時間に追われるハラハラ感がすごく楽しかったです。それに映画を観て、いろんなことを考えました。確かに時間が買える世界は、うらやましく思いますね。でも時間が限られているから、人間は頑張れるんだなって」(篠田さん)。

主演を務めるジャスティンのセクシーな魅力、死と隣り合わせの逃避行を繰り広げる2人のロマンスなど“女子的見どころ”も満載。さらに注目したいのが、セレブ育ちであるシルビアの華やかでゴージャスなファッションの数々だ。AKB48の中でも断トツのファッショニスタ・篠田さんも「アクションシーンが多いのに、ミニスカートが多いのはさすがハリウッド映画ですね。それにピンヒールで走り回るのもすごい」とやはり、ファッションに目を光らせる。

本作に限らず、映画を観るときは「ついつい、衣裳やメイクを見ちゃいますね」と言い、「元々、アマンダの大ファンなんですよ。スタイルがいいから、何を着ても素敵だし、美脚ですよね。髪型もロングからボブになってさらに魅力的になった。メイクの雰囲気もいつもと違って、目力を強く感じました」と鋭く分析する。

「やっぱり“イイ女”は、アマンダみたいに美貌はもちろん、気品や女性らしさが自然とにじみ出てしまうんですね」と語るが、その点は篠田さんも負けてはいない。あえて、もうひとつイイ女の条件を聞いてみると、「まかない料理が作れることですね」。プライベートでは「料理本を見ながら、ぶり大根やローストビーフを作ります」と言う篠田さんだが、「そういうのじゃなくて、冷蔵庫に余った食材でささっと、まかない的なメニューが作れたらいいなって思います。それができる女性は、素敵ですよ」とさらなる女磨きに意欲を見せた。

『TIME/タイム』は2月17日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。

<『TIME/タイム』公開初日プレゼント>
2月17日(金)の初日限定で、劇場で本作を鑑賞された方に篠田麻里子さんの超レアポストカードを先着プレゼント!(数量限定・お一人様につき1枚)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top