M・ストリープが「素晴らしい関係」と語るサッチャー夫妻の愛 その一部映像を公開

最新ニュース

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 -(C) 2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.
  • 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 -(C) 2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.
封建的な男社会に風穴を開け、国内はもとより世界にその強大なリーダーシップを知らしめた、英国初にして唯一の女性首相マーガレット・サッチャー。3月16日(金)より公開される『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』では、“鉄の女”と呼ばれた彼女の、ひとりの妻として、母としての顔を描き出している。演じたメリル・ストリープも「素晴らしい関係」と語るマーガレットと生涯彼女を支え続けた夫・デニスの愛とはどんなものだったのか? その若き日々を映しだした本編の一部が、メリルの心温まるコメントと共に到着した。

1925年に雑貨商の家に生まれたマーガレットは、父の影響で政治家を志し、25歳にして初の下院議員選挙に挑むも落選してしまう。落選で失意の淵にいた彼女にプロポーズしたのが、その後生涯を共にすることになる心優しき事業家、デニス・サッチャー。野心に燃えるマーガレットをデニスは寛容に受け入れ、一国の首相となる妻を支えていく——。

若き日のマーガレット・サッチャーを演じるのはアレキサンドラ・ローチ。メリルは「彼女のかわいい上を向いた鼻を私の鼻みたいにしようなんて話もあった(笑)」と冗談を交えながら、彼女に「勇気のある素敵な女優」と称賛を贈る。今回届いた映像は、そんな彼女に対してハリー・ロイドが演じるデニスが運命のプロポーズをするシーン。喜びのあまり涙を流し震えるマーガレットと、優しく手を差し出すデニスの姿が感動を誘う。さらにその後、手を取りあい「Shall We Dance?」を踊り、2人が人生の新たなる一歩を踏み出す姿が描かれる。現在は認知症を患い、夫が既に他界したことも忘れるようになったマーガレット。彼女がふり返る“妻”としての日々とは——。想像を巡らせながら、この若き日の一組の夫婦の愛を感じてみては?

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は3月16日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top