ハリセンボン、自身の発言に興味なしのカメラマンに激怒 「フラッシュ焚けよ!」

ティム・バートン監督最新作『フランケンウィニー』の公開を記念して11月20日(火)、都内劇場で本作のインスパイアソング「WONDER Volt」を手がけた木村カエラと日本語吹替え版の声優を務める「ハリセンボン」(近藤春菜&箕輪はるか)によるクリスマスツリー点灯式が行われた。

最新ニュース
『フランケンウィニー』クリスマスツリー点灯式
  • 『フランケンウィニー』クリスマスツリー点灯式
  • 『フランケンウィニー』クリスマスツリー点灯式
  • 『フランケンウィニー』クリスマスツリー点灯式
  • 『フランケンウィニー』クリスマスツリー点灯式
  • 『フランケンウィニー』クリスマスツリー点灯式
ティム・バートン監督最新作『フランケンウィニー』の公開を記念して11月20日(火)、都内劇場で本作のインスパイアソング「WONDER Volt」を手がけた木村カエラと日本語吹替え版の声優を務める「ハリセンボン」(近藤春菜&箕輪はるか)によるクリスマスツリー点灯式が行われた。

小さな街で暮らす少年・ヴィクターが事故死した愛犬・スパーキーを禁断の実験で蘇らせるが、それが街の人々に伝わったことから自体は思わぬ方向に…。

カエラさん、春菜さん、はるかさんの3人は全く同じ衣裳で登場。自己紹介でもハリセンボンの2人は「木村カエラです」と語り、はるかさんからは「区別がつかないんじゃないかと心配です」と勘違い発言まで飛び出した。カエラさんは「白黒で奇妙な感じにしました」と映画をイメージした衣装をアピール。しかし、春菜さんによると「素材が違う! カエラちゃんはニットだけど私たちは薄い布です」とのこと。やはりと言うべきか細かい部分で本物と“カエラもどき”の差が顕著に表れた形となった…。

“クリスマスに必ずすること”を尋ねると、カエラさんは「ツリーも飾りますが、アドベントカレンダーを必ず飾ります」とニッコリ。アドベントカレンダーとは1日ごとに楽しい仕掛けが隠されているお楽しみ箱のようなカレンダーのこと。「12月が始まったらウチに飾って、1日ずつ楽しみにします」とクリスマスの楽しみ方を明かしてくれた。

一方、ハリセンボンの2人のクリスマスの予定は? と尋ねると春菜さんが司会者に「(予定が)ないでしょ、どうせ…みたいな聞き方!」と怒りを露わに。さらに話題がハリセンボンになった途端に構えていたカメラを下ろす報道陣に対しても「フラッシュ焚けよ! 後で削除してもいいだろ、どうせデジタルで何千枚も撮れるんだから」と憤懣やるかたない様子で語り、隣りのカエラさんはケラケラと楽しそうに笑っていた。

点灯式ではカエラさんが書き下ろした新曲「WONDER Volt」の歌詞に出てくる「ドンピカリガッシャン!」という言葉を合図にツリーに灯がともった。サプライズでカエラさんと同じ衣装&ウィッグの子供たちによる「WONDER Volt」の熱唱も行われ、カエラさんは「かわいい! たまらないです!」と喜びを爆発させていた。

『フランケンウィニー』は12月15日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top