総額30億円をかけた『ホビット』ワールド・プレミアにニュージーランドが大歓喜!

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』で、アカデミー賞史上最多となる、最優秀作品賞を含む11部門全て獲得という偉業を成し遂げたピーター・ジャクソン監督が、新たに描く“指輪物語”『ホビット』3部作。その第1部となる『ホビット 思いがけない冒険』のワールド・プレミアがニュージーランドで行われ、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、アンディ・サーキス、イライジャ・ウッド、ヒューゴ・ウィーヴィング、ケイト・ブランシェットらが出席した。

最新ニュース レポート
『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア(右:ピーター・ジャクソン)
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア(マーティン・フリーマン)
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア(イライジャ・ウッド)
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア(ケイト・ブランシェット)
  • 『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア
『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』で、アカデミー賞史上最多となる、最優秀作品賞を含む11部門全て獲得という偉業を成し遂げたピーター・ジャクソン監督が、新たに描く“指輪物語”『ホビット』3部作。その第1部となる『ホビット 思いがけない冒険』のワールド・プレミアがニュージーランドで行われ、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、アンディ・サーキス、イライジャ・ウッド、ヒューゴ・ウィーヴィング、ケイト・ブランシェットらが出席した。

12月14日(金)公開の日本を始め、全世界約67か国にて予定されている同時公開に先駆け、11月28日(現地時間)に行われたこのワールド・プレミア。総額30億円をかけたという今回のイベント。世界各国から約13万人ものファンが訪れ、中にはお気に入りのキャラクターのコスプレに身を包んだファンの姿もあり、熱気に包まれたプレミア会場は『ホビット』一色に! 500メートルを超えるレッドカーペットをスタッフ・キャストら新たな“指輪”の仲間たちが練り歩き、ファンや報道陣に応えた。

「ハロー! 日本のみなさん。いま、とてもエキサイティングな気分だよ。東京が大好きなんだ。最新作を持って、みなさんの前に行くのがとても楽しみだよ!」と語った主人公・ビルボ役のマーティンを始め、「この作品は、最高の映画だと思うよ! またこの地ウェリントンに、再び戻ってこられてとても嬉しい。日本はとても大好きなので、いまから向かうのが楽しみだよ」(イライジャ/フロド役)、「今回、第2ユニット監督を務めたけど、ここまでこぎ着けられて本当に嬉しいよ。24時間後には、日本に行くので、待っててね!」(アンディ/ゴラム役)と、みな口々に12月1日(土)に東京・六本木ヒルズで開催される一大イベント「ジャパン・ホビット・フェスティバル」での来日を心待ちにしている様子だ。

そしてジャクソン監督には、『ロード・オブ・ザ・リング』より成功すると思いますか? という誰もが気になっている質問が飛んだが、「それは、ファンが決めることだからね。もうこの作品は、僕の手から離れたから何とも言えないよ。ファン次第だと思う。最新作『ホビット 思いがけない冒険』は、僕が日本に持っていくからね」とさらりと交わしていた。

果たして、そのストーリーは、そして『ホビット』シリーズのヒットの行方は? その答えは12月1日の「ジャパン・ホビット・フェスティバル」までお預けのようだ。期待して待ちたい!

『ホビット 思いがけない冒険』は12月14日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top