【特集:ジュエリー&ガール】川島海荷<10代部門> “大人の階段を上る”ゴールド

今月23日(水)より東京ビックサイトで開催されている日本最大のジュエリー展「国際宝飾展」で、1月24日(木)、同所にて第24回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」の…

最新ニュース
川島海荷<10代部門> in 第24回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
  • 川島海荷<10代部門> in 第24回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
今月23日(水)より東京ビックサイトで開催されている日本最大のジュエリー展「国際宝飾展」で、1月24日(木)、同所にて第24回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」の表彰式が行われた。

過去1年を通じて「最も輝いていた人」を世代別に表彰する同賞。受賞者には20代部門の剛力彩芽を始め、川島海荷(10代部門)、松嶋菜々子(30代部門)、永作博美(40代部門)、高橋惠子(50代部門)、由紀さおり(60代以上部門)とそれぞれの世代から豪華な面々が揃った。

そのほかに、K-POP界「KARA」(特別賞女性部門)、東山紀之(男性部門)、ロンドン五輪・金メダリストの内村航平(特別賞男性部門)がゲストで登壇した。

10代部門で受賞を果たした川島さんは、白のラインが入ったオレンジ&ブラックのワンピース姿で登場。その白いラインの上に浮かび上がるゴールドのジュエリーが印象的だった。

「キラキラしたモノは大好きなんですけど、これまで大人の方たちの違う世界のモノのような気がしていて、自分でジュエリーを買ったことはなかったんですけど…」と、10代らしい初々しいコメントに、会場からは「かわいい~」という声が上がった。しかし、今回の受賞を受けて「大人の階段を上った気分です」とかわいいジュエリーにも負けないキラキラとした笑顔を浮かべていた。さらに、「将来は、結婚する大好きな人に指輪を選んで欲しい」と今後の夢を明かしてくれた。

昨年は、深夜ドラマ「好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~」やイメージ・キャラクターを務める「カルピス・ウォーター」のCMで人気に火が付き、一気にブレイクを果たした川島さん。

映画の世界では、女優としての活躍以外にもその可愛らしい声を武器に声優としてアニメ作品で大活躍。現在、大ヒットを記録している『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』では、少年・パイロ役を演じている。

女優としてまだまだ発展途上の川島さんだが、コメントの通り「大人の階段を上った」彼女の今後の成長に要注目だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top