『アベンジャーズ2』公開後に、ハルク単独作製作へ!? コミック映画化の「第3の波」

マーベル・スタジオが自社コミック映画化の「第3の波」として、再びハルクを映画化することになりそうだ。

最新ニュース
マーク・ラファロ、キーラ・ナイトレイ
  • マーク・ラファロ、キーラ・ナイトレイ
マーベル・スタジオが自社コミック映画化の「第3の波」として、再びハルクを映画化することになりそうだ。

昨年夏の大ヒット作『アベンジャーズ』ではマーク・ラファロがハルクことブルース・バナー役を演じているが、2015年に、『The Avengers 2』(原題)が公開された後にハルク単独の作品が製作されるようで、同作のラストでハルクが宇宙に追放されるという筋書きになり、マーベルのコミック「プラネット・ハルク」に基づいたハルク単独の自作につながるものだという。

オリジナルの「プラネット・ハルク」では、宇宙船でエイリアンの惑星にたどり着いたハルクが、グラディエーターとしてエイリアンたちに従属せざるを得ない苦境に陥るという物語となっている。

さらに、、『The Avengers 3』(原題)は同じくマーベルのコミック「ワールド・ウォー・ハルク」の映画化になる見込みのようで、ハルクが地球に生還してマーベルのヒーローたちと再び戦いに望むという作品になるとも言われている。

ただマーベル側は、『Guardians of the Galaxy』(原題)、『アイアンマン3』、『Thor: The Dark World』(原題)、『Captain America: The Winter Soldier』(原題)、『Ant-Man』(原題)などの新作群を「第2の波」と位置づけているが、ハルク単独の作品はその中に含まれていない。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top