デヴィッド・フィンチャー、ジャスティン・ティンバーレイクの新曲PVの監督に

最新ニュース

ジャスティン・ティンバーレイク
  • ジャスティン・ティンバーレイク
デヴィッド・フィンチャーがジャスティン・ティンバーレイクの新曲「スーツ&タイ」でPVの監督を務めているようだ。以前にも『ソーシャル・ネットワーク』でタッグを組んだ2人は、ジャスティンにとって6年ぶりの音楽復帰作となる同曲のPVで再び手を取り合っているという。つい先日にはロサンゼルスで、ジャスティンがフィーチャリング相手のジェイ・ZとPVの撮影現場に臨んでいる姿が目撃されている。

そんなジャスティンは2日(現地時間)に行われた第47回スーパーボウルの前夜祭で4年ぶりの復帰ライヴを行っており、さらに共に今月開催されるブリット・アワードとグラミー賞の両方でパフォーマンスを披露する予定で、10日のグラミー賞後にはハリウッド・パラディウムでもギグを行うという。

一方のフィンチャー監督は、英BBCで1990年に放送された「野望の階段」をネットフリックスがリメイクした新作ドラマ「ハウス・オブ・カーズ」でもメガホンを取っていて、1日から放映が開始されている同作にはケビン・スペイシー、ロビン・ライト、ケイト・マーラーら実力派キャストが勢ぞろいしている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top