エルトン・ジョン、自分役にジャスティン・ティンバーレイクかトム・ハーディを考えていた

エルトン・ジョンが「The Guardian」紙に寄稿し、自身の半生を描いた映画『ロケットマン』について綴った。

最新ニュース ゴシップ
エルトン・ジョン -(C) Getty Images
  • エルトン・ジョン -(C) Getty Images
  • エルトン・ジョン -(C) Getty Images
  • エルトン・ジョン -(C) Getty Images
  • ジャスティン・ティンバーレイク-(C)Getty Images
  • ジャスティン・ティンバーレイク アメリカンフットボールリーグ・NFL/スーパーボウル 2018 (C) Getty Images
  • トム・ハーディ-(C)Getty Images
  • トム・ハーディ-(C)Getty Images
  • タロン・エガートン-(C)Getty Images
エルトン・ジョンが「The Guardian」紙に寄稿し、自身の半生を描いた映画『ロケットマン』について綴った。

製作過程は何年にも及んだというが、中でも人材選びには苦労したようだ。監督について、「候補が挙がっては消え、という感じだったね。デヴィッド・ラシャペルに決まりかけたけど、彼は芸術分野でのキャリアにフォーカスすると決めたんだ。それで、私が『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演したときに出会った、(今作では)プロデューサーのマシュー・ヴォーンが、デクスター・フレッチャーを薦めてくれた」と語っている。

また、今作でエルトンを演じているのはタロン・エガートンだが、タロンの前には「ジャスティン・ティンバーレイクとトム・ハーディが候補だった」とも。確かに同紙は7年前に、エルトンが自身の曲「This Train Don't Stop There Anymore」のMVでジャスティンが自分を演じているのを見て、彼を伝記映画の主役に抜擢したと報じていた。(エルトンの夫で今作のプロデューサーのひとりであるデヴィッド・ファーニッシュは、「ジャスティンに正式にはオファーしなかった」と「The Hollywoor Reporter」に語っている)。

最終的にタロン・エガートンが主演したことにより、『ロケットマン』はカンヌ国際映画祭で拍手喝采の大成功を収めた。エルトンは「タロンの演技は恐ろしいほど素晴らしかった。映画を観たとき、俳優ではなく、自分にしか見えなかったほど」とタロンを称えている。

この投稿をInstagramで見る

Hello Cannes!!! @taron.egerton @rocketmanmovie

Elton Johnさん(@eltonjohn)がシェアした投稿 -

《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top